スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開: --年--月--日, カテゴリ: スポンサー広告

CTFを制作しやすくするための小さな工夫

今日はちょっとした小ネタでも。内容はタイトルどおりでCTFテーマを制作する上で私が実際にやってる事をちょっと紹介しようかなと思います。今回は制作のテクニックではなくその前段階である作業環境の構築について。はっきり言って手間掛かってメンドくさいですが一度やっておけばその後はラクになるかと。ただまあ言うまでも無いことだけど人によって制作スタイルは違って当たり前。私が良いと思うやり方でも貴方からみたら非効率極まりないと思われる事もあるでしょう。結局は人それぞれですので、参考程度にご覧あれ。

オリジナルのファイルは保管しておく

これは基本中の基本ではありますけどね。CTF制作を最初っから始めたならまずはアップデータを展開してmoduleとresourceファイル群を入手します。さらにその後リソース(RCO)ファイルは更にもう一段階の作業を経て編集できるようにしたら、それらのファイル群はPCでも外部ストレージでもまあ何処かに保管しておきましょう。あとは必要なときに必要なものをそこからコピーして使う、それだけです。

PRXファイルはDescrambleしておく

モジュール(PRX)ファイルはスクランブルが掛けられているので主要なものを一通り解除して抽出したファイル群も何処かに保管しておきます。これも必要なときに必要なものをコピーして使います。これらはデータサイズが小さいので私の場合丸ごとコピーして使ってます。最後にScrambleを掛けるので、Descramblerフォルダ丸ごとコピーですね。

RCOファイルをDumpしておく

RCOファイルはRcomageでDumpしたものを別に保管しています。こちらは全てのRCOファイルをDumpしてフォルダ分けして管理しています。ImageファイルのあるRCOはそれぞれ2回Dumpを行っています。これはPNG形式とGIM形式それぞれを入手するためです。まずPNG形式でDumpしてImagesフォルダを適当な名前にリネームしてからそのままGIM形式でDumpします。リネームせずにDumpすると面倒なことになるので注意。これはCompileするときは処理速度を早くしたいのでGIMのImagesフォルダを使うためです。PNG画像は加工する時に使ったりしています。私は↓のようなフォルダ構造で保管してますね。

5.50RCOs(Dump)
   ├ adhoc_transfer
   ├ auth_plugin
   ├ camera_plugin
   │   ├ Images
   │   ├ Images(PNG)
   │   ├ Sounds
   │   ├ Text
   │   └ camera_plugin.xml
   ├ この間省略
   └ visualizer_plugin
       ├ Images
       ├ Images(PNG)
       ├ Models
       └ visualizer_plugin.xml

一応バージョン5.00とPS3のRCOも同じようにして保管しています。これは用意するのがかなり面倒ですけど一度用意すればあとはその都度コピーで済むので今はラク。

さらにXMLファイルだけ別にコピーしてちょっと編集

これらのフォルダだからXMLファイルだけコピー(元ファイルは残す)して手を加えておきます。何をするかと言うと、編集を楽にするために各Page要素のところにコメントを追記していく。このPage要素は○○のページだよ、こっちは××だよっていう具合に。

XMKファイルをInternet Explorer 8 で開いた画面のスクリーンショット

これは例えばtopmenu_pluginとかsystem_plugin_bgとか単純なものなら無くてもいいけどsysconfとかnetconfなんかではあるのと無いのとでははっきり言って雲泥の差がある。コメントがあるとぱっと見て目的の場所をすぐ見つけられる。参考に画像を添付しておきます。これはIntenet Explorerで開いたときの画像ですが、それぞれのPage要素の上にあるのがコメントです。一通り判る範囲でコメントを追記したXMLはまた別の場所に保管しておきます。テーマ作るときはもちろんこちらのXMLファイルをコピーして持ってきます。

番外編: 気になるテーマはXMLだけ纏めて保管しておく

Rcomage使って作られたテーマに限るけど、気になったテーマはRCOをDumpしてXMLファイルだけ参考(勉強)用に保管している。うちで紹介記事書いたテーマはほとんどDumpして一通りXMLの中は覗いている。自分以外の書き方を見るのは結構参考になることが多いので、これからRcomageを使ってテーマ作ろうと思ってる人にはお勧め出来ると思う。

大体こんな感じでしょうかね。最初は面倒ですが一度作業環境を作ればそれ以降はかなり短縮できるのではないでしょうか? テーマの制作はかなり手間が掛かるので楽できる所はどんどん楽をしていきましょう。また、テーマ制作者の方で「自分はこんなやり方でやってるよ」ってのがあればぜひお聞かせ下さい。他にも何かあればちょこちょこ書いていきます。

ではでは。

更新: 2010-11-19

公開: 2010年05月22日, カテゴリ: 雑談・小ネタ・資料集

現在の書き込みは、-件です。

現在の書き込みは、7件です。

372 :ツバサ475:2010/05/23(日) 00:35:52 ID:GsbZZxQM
結構同じような作り方ですね。
ここに書いていないので、画像ファイルは使用用途ごとにフォルダを作って整理している、ぐらいでしょうか。
加工途中でこのファイルはどこで使うんだっけ?というのがあるかもしれないので。

同じようなやり方書いてましたねww
私の場合、Dump後のImagesフォルダではなく、各場所ごとの名前を付けたフォルダ(起動画面、USB、etc,)に画像を置いてます。
374 :Ako:2010/05/23(日) 10:31:46 ID:X.Av9vec
ほとんど同じですね。
とりあえず、出てないみたいなので自分がやっているのは
ドラッグとかで使うソフトはフォルダに入れて編集する時に開いて横とかに表示させてます。
あと上のような感じのソフトじゃなく起動しておいておけるソフトはタスクバーのとこに置いてます。
他のこともする場合は邪魔になるんですがw
375 :藍色:2010/05/24(月) 00:19:00 ID:aV/dabIU
大体似通ったやり方でしたか。
私は加工途中の画像ファイルはRCOと同じフォルダに突っ込んでますね。
ごちゃごちゃしてきたなーって思った時にフォルダ作るって感じです。

Rcomageは私の場合常に起動させてXML読込ませておいて、
後はDumpボタンを押すだけって状態で待機させてそこでXML編集してますね。

XML上書き保存 -> Dump -> 確認 -> XML修正 -> 上書き保存 -> Dump ...
こんな感じで出来上がるまで繰り返しですね。
379 :Ako:2010/05/25(火) 07:30:48 ID:X.Av9vec
藍色さんのその方法、自分もやっているのですが
新しい画像を入れるもしくは20kbくらい?の追加がある新規RCOだと0kbになったりしないですか?
更新使ったら特に問題ないんですけど、PCのスペックか仕様ですかね?
380 :藍色:2010/05/25(火) 21:33:18 ID:aV/dabIU
前のバージョンくらいまではなってましたけど、
今はそういうのは見た覚えが無いです。その時もAkoさんの仰るように
更新したら問題なかったので特に気にしていませんでした。

個人的にはPCの方に原因があるような気がします。
...根拠は無くただの勘ですけど。
381 :Ako:2010/05/27(木) 17:52:08 ID:X.Av9vec
一応、自分はCPUとかの処理がついていってないかな~と思ってるんです(TAT)
rcomageはv1.0.2使ってます。
今のPCは最新版のソフトとかはエラーが出るので使ってないです。
CTF TOOL GUIとかゴッゴッゴッとか鳴り出して焦って製作中のCTFも消してしまったので・・・
382 :藍色:2010/05/28(金) 07:46:26 ID:aV/dabIU
CTFtoolは最新版のリリースに気付いたのが遅くて、
気付いた時には結構不具合とかエラーの話を聞いてたので
全く使ってませんでした。しかしゴッゴッって音は怖いですね。

それにしてもRcomageもv1.1.0はエラー出ますか...
XML記述を最新版のものに合わせた書き方でやっても
エラーが出るならPCの方の原因でしょうかね。