スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開: --年--月--日, カテゴリ: スポンサー広告

PSAR Dumper

PSAR Dumperとは、SCEIにより提供されているPSPのシステムソフトウェアのアップデートデータであるEBOOT.PBPファイルの復号・展開するための非正規ソフトウェア(Homebrew)である。XMBカスタマイズで度々目にすることになるRCOファイルやPRXファイルを入手するための主な方法としてこのHomebrewが利用されている。

更新: 2011-08-01

目次

  1. 必要なもの
  2. 取扱説明
  3. その他
  4. アトガキ
  5. 関連記事

必要なもの

  1. Download newpsardump-639.zip from Sendspace.com - send big files the easy way
  2. 展開したいバージョンのシステムソフトウェアのアップデートデータ(EBOOT.PBP) * 対応バージョンは5.506.35までである。

取扱説明

  1. newpsardump-639.zipをダウンロードしてアーカイブを展開する。
    newpsardump-639/
        +- new_psardumper/
        +    +- EBOOT.PBP
        +    +- libpsardumper.prx
        +    +- pspdecrypt.prx
        +- src/
  2. new_psardumperフォルダと展開したいバージョンのシステムソフトウェアのアップデートデータ(EBOOT.PBP)をメモリースティック内に以下の通りに配置しておく。
    ms0:/
        +- PSP/
        +    +- GAME/
        +        +- new_psardumper/
        +            +- EBOOT.PBP
        +            +- libpsardumper.prx
        +            +- pspdecrypt.prx
        +- EBOOT.PBP (展開したいアップデータ)
  3. PSPを起動して、通常のゲームと同じようにXMBから起動する。
  4. PSAR Dumper操作画面 起動後に表示された操作画面で希望する処理に対応したボタンを押せば自動で処理が実行される。
    ×ボタン
    Press cross to dump encrypted with sigcheck and decrypted reboot.bin.
    sigcheck(Signature Check = 署名確認?)を行い固有情報を付加して暗号化された状態で展開する。
    ○ボタン
    Press circle to dump encrypted without sigcheck and decrypted reboot.bin.
    固有情報は付加されず暗号化された状態で展開する。
    □ボタン
    Press square to decrypt all.
    全てを復号化した状態で展開する。

    ここでは、□ボタンで全て復号化して展開します。

  5. 処理が終了すると自動的にXMBへ移行しメモリースティック内にF0というフォルダが生成されており、その中に展開されたファイル群が格納されている。
  6. 生成されたF0フォルダはその状態で纏めて保管しておくとよい。

その他

Dycryptin
ディクリプションと読み、復合化と呼ばれているらしい。暗号化または符号化(Encryption)されたファイルを解析して本来の形に戻すことを指す。ちなみに暗号の対義語は平分なので復号化ではなく平分化と呼ぶことが正しいと言う意見もあるらしいが、一般的にはどちらがよく使われているのだろうか。
Encryption
エンクリプションと読み、暗号化または符号化と呼ばれているらしい。第三者に対する情報漏洩を防止する事を目的として特殊な方法を用いて元データの内容を通常では読めないように変換することを指す。

アトガキ

今回はXMBカスタマイズでは欠かすことが出来ないPRXファイルとRCOファイルの入手方法の一つである、PSAR Dumperについての記事を書いてみました。冒頭で述べている通り、実際には他にも入手法はありますのでそれはまたいつか記事にしてみるかもしれません。さて、ここで入手したRCOファイルですが、まだこの段階では編集を行うことが出来ません。次回はこのRCOファイルを編集可能な状態に変換するソフトであるResurssiklunssiについての記事を書いてみようと思います。

それでは、また。

関連記事

公開: 2009年11月20日, カテゴリ: PSPソフトウェア・プラグイン

現在の書き込みは、-件です。

現在の書き込みは、2件です。

606 :葵丸:2011/03/08(火) 20:56:25 ID:-
分かりやすい解説ありがとうございます。
このブログの詳しい解説のおかげで僕もついに
CTFテーマを作ることができました。(xmlはよく分からないんで保留中ですが)
これからもこのブログの記事を参考にさせてもらいますので
よろしくお願いします。
607 :藍色:2011/03/09(水) 01:51:16 ID:aV/dabIU
CTF制作の参考になったようで何よりです。ゆくゆくはRcomageを利用してのダイナミックCTFも制作されてみてはどうでしょうか。少しでも仕組みが理解できてくると面白くなると思いますよ。