スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開: --年--月--日, カテゴリ: スポンサー広告

CTF News! #37 日常のテーマ by ツェネダ

テーマ情報

制作者
ツェネダ (TSENEDA)
トップメニューアイコン系統
特大アイコン、メインカテゴリのみ
テーマモデル
日常
要求システムソフトウェアバージョン
Custom Firmware [6.39],[6.60]
Homebrew Enabler [6.20]
公開時期
2011年07月09日
公開場所
PSP Customize Forum • トピック - 日常のテーマ 6.39用
[Release] Nichijou Theme

変更箇所一覧

日常のテーマ プレビュー

特徴

日常のテーマ トップメニュー

このテーマはCTF制作キット『SimpleBase1.2_type1_638.ctf』をベースにして幾つかの新しい手法が取り入れられている。トップメニューアイコンの特大化、イベント属性へのobject2キーワードの利用によるアニメーションの割り込み、及び(cold|game)bootのスキップ機能の追加だ。

トップメニューアイコンの特大化

設定カテゴリのアイコン

『設定』から『PSN』までのメインカテゴリのアイコンは全て480x160(px)で作られている。通常、ここまで大きいものだとリソース容量の都合で表示し切れずどこかに不具合が生じるものだが、このテーマでは何の問題も無く表示されている。これは使用されている画像が4bit(16色)へ減色処理することによりリソース容量の消費を減らしキャパシティに余裕を持たせることにより実現させている。ちなみに、減色方法はCTFwikiの何処かで見た気がする。けど、ナビゲーションが役立たずなので見つからない。

また、カテゴリ変更時にはフォーカスを失ったアイコンの表示サイズ倍率を大きくすることにより、直前のカテゴリアイコンが霧散するように消えていく。

object2キーワードの利用によるアニメーションの割り込み

ミュージックカテゴリのコンテンツリストがそれに該当する。コンテンツリスト表示後にカーソルを上下させてみると画面下から日常キャラクターの画像が飛び出してくる。

ミュージックコンテンツリストで出現する追加イメージ

更にカーソルを上下させる毎にこの画像が跳ねるような動きをする。これはmusic_browser_plugin.rcoファイルのコンテンツリスト関連のページに追加されたPlane,Button要素によるもので、ここでobject2キーワードが使われている。詳細は端折るが、このキーワードでButton要素を指定すると、そのButton要素に組込まれたイベントハンドラが有効化される。

カテゴリキャンセルしたときも先程と同じようにobject2キーワードを使うことで表示させたイメージを消す事ができるようになる。

(cold|game)bootのスキップ機能

このテーマではcoldboot及びgamebootの途中で○ボタンを押すと、その瞬間に残りの部分がスキップされるようになっている。これの仕組みも先ほどのobject2キーワードの応用によるもので、追加したButton要素のonPushイベントに(cold|game)bootの終了命令が組込まれている。object2キーワードはこのButton要素を有効化するためのものらしい。

よく分からないのは、event:native:/playsoundの実行時に音声が再生されるが、あれは一体何処の音声データなのか。あと、gameboot.pmfがあのデータサイズで白画面現象を起こさないのも疑問。

さて、このように前作のIka musume themeから大したブランクも無くこれだけの新要素を盛り込んでのテーマ公開で、まさに底知れない出来栄えとなっている。上に挙げた特徴も凄いが個人的にはUSBモードとOSK背景のアニメーションが面白いと思った。また、ここでは全く触れなかったが、各種オプションメニューで利用されているSlideOut要素によるイメージの擬似分解アニメーションも非常に興味深い。これはCTFキットであるSimpleBase.ctfの標準実装(6.38用のみ)のアニメーションなので、画像を差し替えるだけで手軽に真似することができる。

ちなみに、SimpleBase.ctfキットの狙いは本人曰く「毎回一から色々作るのは大変だから、何にでも使えそうなセーブポイントを作っとく」とのことらしい。

関連記事

object2キーワードが使われているRCOファイルの内容確認メモ。纏まりが無く割といい加減なことを書いていて怪しいので読むときはそれなりに参考にする気持ちで。

以下に一覧するのは、過去にツェネダ氏により公開されてきたCTFの紹介記事。

公開: 2011年07月12日, カテゴリ: CTF News!