スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開: --年--月--日, カテゴリ: スポンサー広告

雑念Stream 2011年05月号

ここは日記のようなものとかつぶやきみたいなものとか私の思考の流れ等を書き留めて公開しているマイクロWeb日記。毎月一日投稿予定。

2011-05-01-Sun

  1. 先月号: 『
  2. 約1ヶ月振りの休日。
  3. 数日間Webへアクセスできなくなってしまった。ある程度予想していたことだけれど。
  4. まあいいや。そんなことは。PCは予備機のノートがあるからあまり支障は無い。復帰した後でフィードリーダーに目を通すのが億劫なくらいか。
  5. run-15
  6. 今日は気分転換にいつもと違うコースで走ってみた。気温が暖かくなったので走り終わる頃には全身汗だくになったが風が吹いていたのでまあまあ快適だった。
  7. 時間の都合で滅多に走れないコースだけど新鮮で良かったな。
  8. 折角の休日なのでかなり久々に買い物に出掛けることにした。これといって欲しい物は思い付かなかったけど、とりあえず適当にぶらぶらしたくなったので。
  9. 以下、今日の収穫メモなどを。
  10. カーキ色のカーゴパンツが欲しくてもう1年以上前から探していて、なかなか良いと思えるものが見つからないから諦め気味だったんだけど、ようやく今日それを見つけた。
  11. 見た瞬間、「これしかない」と確信したのでそのまま試着して丈直ししてもらって購入。セットでベルトも。ベルトはワインレッドの編み込みタイプが合いそうだったんだけど見つからなかったので次点のブラックで。
  12. カーゴパンツに合う服も探したけどこの店ではめぼしい物は見つからなかった。アースカラーが好みなんだけどなかなか良いのが見つからないんだよなあ。今日は寄らなかったけど古着屋を巡った方がよさそうかな。
  13. そろそろ汗をよくかくようになるだろうからUNIQLOでドライメッシュのTシャツを何着か購入しておいた。
  14. 夏の時期はいつもこのドライメッシュTシャツにお世話になる。すぐに乾いてベタつかないし、洗濯を繰り返しても痛みが少ない。そして安い。いいことずくめだ。
  15. その他いろいろと寄っては眺めての繰り返し。まあこういうのはただ眺めるだけでも楽しかったりする。
  16. それから書店に寄って漫画とかライトノベルとかを購入。
    • 自殺島 5巻
    • GUNSLINGER GIRL 13巻
    • デッドマン ワンダーランド 9巻
    • 半熟作家と"文学少女"な編集者
  17. 『半熟作家と"文学少女"な編集者』の裏表紙に"文学少女"の最後の物語。って書いてあったから、これでこのシリーズも完結ということなのかな。
  18. 私はこの『文学少女』シリーズは本編は全て読んだのだけれどそれ以降の分は読んだり読んでなかったりするんだよな。部屋の中に未読の本が埋もれてしまって見つからないので既に購入しているのかすら私にも分からなくなってしまっている。最新刊と知っていれば迷うことは無いけど、間の分だと手にとって「あれ?この表紙は見覚えがあるような?」ってなってしまって。何度か重複して購入してしまいがっかりしたという間抜けなことを経験している。
  19. その後更に古本屋でも少し買い漁ってきた。一度読んだ作品だけど、また読みたくなったものを。
    • エムゼロ 1~10巻
    • PSYREN 1~10巻
  20. PSYRENは10巻までしか置いてなかった。引き返すのも他所を探すのも面倒だったので10巻以降は次の機会ということで。
  21. どちらの作品も面白かったのに不完全燃焼で打ち切られたのが残念だったという覚えがある。
  22. 最近、また西尾維新の『戯言シリーズ』を読み返したくなってきて少しずつ消化していたんだけど。それで、『戯言シリーズ』ではなく『化物語』の話題で、私はこの作品をアニメでしか観ていない。しかも『つばさキャット』の上まで。まあそれはいいとして、原作を読みたくなってきたなあって話。
  23. ということを書いていたら思い出した。『零崎シリーズ』の最終巻4冊まだ読んでなかったよ。じゃあまた次の機(以下省略。まあいいや。一気に買ってきても、どうせ積み上げて埋もれてしまうだろうからな。
  24. 昨日PSPの欲しいソフトを書き連ねたので実際に手にとって見て何か買おうかなと思って店に寄ったんだけど、結局どれかひとつに決められなかったので止めておいた。いろいろと目移りしてあれもこれも欲しくなってくる。
  25. まずは積み上げているものを消化して少し落ち着いてからだな。いつになるかは知らないけど。

2011-05-02-Mon

  1. run-5

2011-05-03-Tue

  1. どのバージョンからなのかは知らないが、CXMBがpspboot.pmf非対応になっているようだ。
  2. pspboot.pmfを組み込んだCTFを適用するとcoldbootでのPFM再生が終了したところでフリーズしてしまう。その状態で放っておいても電源は遮断されなかった。
  3. CXMBをプログラミングし直す以外の解決方法は、①CXMBをpspboot.pmfに対応したバージョンへ戻す、②CTFtool GUIの『Delete pspboot.pmf from foo.ctf』機能を使う、くらいか。
  4. 藍色通信内の過去記事とテンプレートを少し修正した。反映は後日。
  5. それと空所内の記事のうち、Homebrew, Plugin, CTF関連のものを全体的に修正。あと記事を書いて公開するのを忘れていたものを見つけたので復帰後に纏めて更新しておく。
  6. run-10
  7. 今日は脚が軽く動いて気持ちよく走り切ることができた。
  8. Vegetano1氏の作るテーマのPTFは何故かCTFtoolで展開すると*.datしか出力しないのは何でだろうな。V1GもV1aもV1a2もsony_modも全てなんだよ。

2011-05-04-Wed

  1. run-10
  2. ただいま。復帰した。
  3. 案の定フィードリーダーを確認したら新着フィード件数が気持ち悪いくらい増えていた。
  4. というわけで、これからそれを消化しつつ修正した過去記事やらスタイルシートやらその他諸々の更新作業でもするか。

2011-05-05-Thu

  1. run-10
  2. Custom Firmware 6.38ME へアップデート

    6.37MEを飛ばして6.38MEへアップデートしてみることにした。インストール機の状態は、PSP-2000のCFW5.50GEN D-2から。

    1. インストーラをダウンロードする。一応履歴として過去分も全て拾っておいた。一番下が最新のもの。
      • 6.38ME http://www.sendspace.com/file/6rzxc9
      • 6.38MEのPSP1000対応インストーラー。 5.00M33からのインストールしかテストしてないので、他の環境で試した方がいたら報告してくれるとうれしい。http://www.sendspace.com/file/oir98x
      • 6.38ME-2 http://www.sendspace.com/file/ue8xi9 -- Added M33driver and OEdriver
    2. ダウンロードファイルからUPDATEフォルダを/PSP/GAME/へ保存する。
    3. システムソフトウェア バージョン6.38のアップデートデータを638.PBPに名前を変更してインストーラと同じディレクトリ(/PSP/GAME/UPDATE/)へ保存する。
    4. flash0/vsh/etc/version.txtへアクセスしてrelease:version number:の箇所を6.38以下に書き換える。
    5. 『ゲーム』カテゴリからインストーラを起動。オートチェックで異状がなければその後は指示通りに進めていけばインストールは開始される。

    以上、終了。アップデート後はいつもどおりNAND Managerでバックアップデータを取得しておく。

    それからCXMBが6.38MEへ対応していたので更新しておいた。

  3. [620],[635]用のCTFキットのファイルを眺めてて気付いたこと。readme.txtに詳細はCTFtoolGUI - CTF カスタムテーマまとめ Wikiを参照するように促してあったので目を通してみたんだけど、Wikiの仕様のせいなのか文書としての表現力が乏しいので判り辛いのと、文書タイトルが不適切という印象。キット使用方法ならSimpleBase.ctf (英語)の方が理解しやすいような気がする。
  4. まあこんな所でケチをつける私もどうかと思ったので、ここはひとつ支援として取扱説明書のようなものでも書いてみようかと思いはしたものの、さてどうしたものか。文書構成をどのようにするかが悩みどころ。
  5. ひとつの文書にツールの使い方も含めて全てを盛り込むと長大な文書となってしまう。それならツールの使用方法は別文書へのリンクのみを用意して省略していくのが本筋を見失うことなく内容を伝えられる。ただ、何でもリンクに頼って情報を細切れにして読み手を振り回すのもどうかという考えもあるので、そこら辺は上手く折り合いをつけないと。まあ試しに書いてみるか。公開場所については書いてから考える。
  6. 世の中のよくある3カラムレイアウト、左と右のカラムはゴミしか置かれていないという経験則が100%通用するし、世の中便利になりましたね。真ん中のカラムも、半分より下に絵のようなものが見えたらそこから先は読む必要がない、という見切りが成立するのも便利。
  7. よくあるサイトナビゲーションの類も、サイト内を回遊()したりなんかしない今日日のWebの使われ方からすると普通に不要物であるから、左や右のカラムに配置するのはかなり真っ当。
  8. 大多数のウェブサイトのサイドバーはゴミ捨て場として利用されている。もちろん著者ではなく読者に。中には著者もゴミと認識していながらもサイドバーをゴミまみれにしているところもあるようだけど。
  9. 私はサイドバーを否定しているが、他所のサイトに有ろうが無かろうが別にどちらでも構わない。使えれば使うし、ゴミ捨て場であれば消せばいい。そのためにもゴミ処理のためのテンプレート規格が早いところ勧告されればいいと思っている。
  10. ちなみに私はサイト内の回遊とやらは割とよくやってて、気に入った記事なら何度でも読み返したりしている。
  11. そう言えば、サイドバーが無いシングルカラムのウェブサイトでフッター(本文の下)の位置に大量にコンテンツを流し込んでいるサイト、あれはただゴミを目に付かない位置に移動させただけで実は何も変わっていなかったりする。だって固定幅なんだもの。しかも重いし。私は勝手に『埋立てレイアウト』とか呼んでいるんだけど。

2011-05-07-Sat

  1. rcomageXmlメモ
  2. unknownRef35, unknownRef37の仕組みがはっきりしない。あれの値って"object2:foo"以外に"anim:bar"のような値も許容されるのか。でもこれってイベント系統の属性とは違うと思ってたんだけどな。
  3. 例えば、Page[name="main"]の子要素にMList[name="upperList"]とMList[name="lowerList"]が存在するとして、この場合に以下のように記述しなければならない。
  4. MList[name="upperList" unknownRef35="object2:lowerList"] MList[name="lowerList" unknownRef37="object2:upperList"]
  5. 上記のように記述しなかった場合、記述されなかった側のMListは選択できなくなる。
  6. このことから、これらはイベントではなくあるオブジェクトから他のオブジェクトを参照させるための属性ではないかと思ってたわけなんだけど、ここにAnimation要素のname属性値を参照させる意図がよく判らない。
  7. この相互参照についての実際のサンプルはmusic_browser_plugin.rcoファイルを参考に。全く意味は無かったけどsnd_errorを再生させる箇所もこれで確認できた。
  8. 今更だけどGimConvの記事の修正。
  9. 予告どおりFC2blogのコメント表示を掲示板の書込み風に変更するあの記事を修正した。

2011-05-08-Sun

  1. run-10
  2. CTFkitはとりあえず紹介の形で記事を書いた。実際の使用方法とは分離して書いた方がいいだろうという考え。
  3. 確かEndlessparadigm.comにCrazyRedが投稿されていたよな。あれダウンロードして素材として再利用すればCTFkitのサンプル代わりにもできるか。
  4. 記事で使うかどうかは別にして、CTFkitをベースにして作って少しずつ更新していければあのときのものより幾分かマシなものには仕上がるかも知れない。
  5. まあ、完成して公開したとしても今更新たに記事を書くつもりは無いけど。過去記事にリンク追加とそのついでにここで雑念流しする程度で十分。
  6. そもそも「そういうのも有りかも」程度の考えなので。
  7. Selectors Level 3 - 6.6.2. The target pseudo-class :target (英語)

    URIs with fragment identifiers link to a certain element within the document, known as the target element. For instance, here is a URI pointing to an anchor named section_2 in an HTML document:

    http://example.com/html/top.html#section_2

    A target element can be represented by the :target pseudo-class. If the document's URI has no fragment identifier, then the document has no target element.

  8. 文書中の特定の箇所を示す(終点アンカーとする)フラグメント識別子がある場合、その要素にスタイルを適用できる:target擬似クラスを試そうかなと。*:target::beforeのような使い方もできるのか。
  9. とは言いつつあまりいい使い道を思いつかなかった。他所のサイトでいいのがあったら参考に(または真似)させてもらおう。
  10. 巻き寿司のPSPとかを弄る日記 CTF配布、それとその為にホームページ作った

    loda.jpたんがツンデレの域を越してもう息してないのでCTFをダウンロードすることもアップロードすることも出来ないんですよ。と、言うわけで急遽サイトを立ち上げました。またもやFC2です。広告が少なくて便利ですね、FC2。

    サイトはこちら

    http://523s.web.fc2.com/

  11. loda.jpへアクセスできない不具合、私だけというわけではなかったらしい。と言うか、FC2ホームページってZIPアーカイブのアップロードをシステム的にブロックしているわけじゃなかったのか。それなら私もアップローダー代わりに空所を増やしてもいいかも。
  12. と思ったけど駄目だ。規約確認したら一度にアップロード可能なデータサイズは1MBまでらしい。まあ、私は無料版のユーザーなのでそもそもZIPのアップロードは認められていないわけだけど。
  13. いや、規約云々を言ったらこのblog自体既に…。
  14. あと、faviconは/favicon.ico/favicon.pngのようにルートに保存しておけば文書ごとにlink要素で関連付けしなくても表示される。

2011-05-09-Mon

  1. run-10
  2. IE9用のCSSハック?Webページのフォントサイズ指定で今後注意する事
  3. 文字サイズ云々はさておいて、CSSハックって何だか懐かしい響きだ。CSSについて調べだした当初(とは言っても半年ほど前)、色々と試していた覚えがある。非常に乱雑として自分で把握できないようなCSSファイルを書いては消してをくり返していた。
  4. 今となってはあの時とは考え方が全然違うものになったのでCSSハックのような手段は使っていない、と言うか必要としていない。
  5. 文字サイズについても始めは細かく計算して指定していたけど、同じく考え方の変化で指定しなくなった。ごく一部に例外はあるけれど、記事本文についてはユーザー任せ。
  6. ちなみに、私がWebの文章を読むときは文字のサイズは小さく表示させている。大抵のサイトは小さくても十分読めるし、その方が画面内により多くの文字を表示させる事ができるので。たまにあまりに小さすぎて全く読めないサイトに出くわす事もあるけど。
  7. 昨日から続いて今日はCTFkitの使い方の記事を投稿しておいた。内容はCTFwikiにあるものを見本にして書いたのでかなり似通っているところがある。補足のつもりではあるけど、できているのかは怪しいものがある。
  8. 出来る限り個人的な意見は排除して書いているつもりなので何か味気ない。のっぺらぼうな感じがする。よく分からないけど。ああそれと、記事への画像使用については勝手にやっている。

2011-05-12-Thu

  1. 6.38みーさんが公開されてた。

    @The_Zett @playjun http://www.sendspace.com/file/rlb3tl

  2. そろそろMEシリーズの記事も書いておこうかな。とは言っても内容は6.35と変わらないんだけど。共通箇所は使いまわせばいいか。
  3. 俺にとってはものすごい低コストで高速寄りにカスタマイズ可能なのがFirefox。……なんて思っていたのは数年前まで。移行コストさえかければGoogle Chromeでもやりたいことはできるから。それでもやっぱりFirefoxを使っているのは、なんでだろうね。Google製はお行儀が悪いという偏見も手伝っているが、単にそんな暇がないというか。言わばどん詰まりなのかも。
  4. 私がFirefoxを使っているのは使い比べたものの中で一番自分に馴染んだから。
  5. Operaはもう全然使っていない。悪くはないけどマウスジェスチャの感度が悪いのがどうにもね。Firefoxの方はマウスジェスチャに関しては今のところ文句は無く多用している。あとはCSSの実装状況とかもあるか。
  6. 久々にOperaアップデートして試してみるか。
  7. FC2調子悪いらしい。

    大変ご不便をお掛けし、申し訳ございません。今、現在は復旧しておりますが断続的にアクセスしにくい状況となっております。

    また、障害中の操作は、反映されていない場合がございます。お手数ですが、その場合は再度、操作をお試し下さい。

  8. ところで、CTFwiki主催(?)のテーマ披露イベントはどうなったんだろう。
  9. run-10
  10. CFW搭載のJigkick化機能なんであんなにオススメされてるんだろう?ないよりある方がいいけど、探せばいくらでも変換するためのツールやプラグインあるのに。
  11. Jigkick関連機能について知らないか、ただ面倒なだけか。でもバッテリーにも対策はされてなかったか。詳しい話は忘れたけど。
  12. Opera11.10へアップデートした。
  13. このバージョンより Opera は CSS3 linear gradients と multiple column をサポートします。Opera ブラウザは Web ページを最新で最良の標準のもとに美しく表示します。とのことでようやくマルチカラム表示ができるようになったみたい。試しにこのblogのトップページを表示させてみたらしっかりマルチカラム化されて表示してくれた。
  14. CTFwiki見たらテーマ披露イベントが少しだけ進行してるような気がした。
  15. …んだけどテーマ紹介ページが何だかなー。やっぱりFC2wikiは表現力が乏しいのかね。画像を表示させようとしているっぽいけど見えないし、何故か外部リンクはエラーばっかりだし。いや、これは多分編集の仕方に問題があるんだろうけど。
  16. まあ、私は私で気が向いたら勝手にやらせてもらう。今後テーマが増えてきたなら別冊のCTFアーカイブスに追加していこうかと。このblogでは時期を逃さなければ記事を公開する方針で。時期遅れは全てアーカイブスへ。

2011-05-13-Fri

  1. run-10
  2. いつかの予告どおりRcomageガイドに属する記事のタイトルを全て変更した。
  3. ついでに記事内容にも少々手を加えている。文体はそのままに無駄なところを削ったり、新しい情報を加筆したり。マークアップはかなり大幅に修正した。
  4. それに合わせてRcomage関連記事まとめも更新。
  5. これで以前のものよりはマシに、資料として使える文書にはなったと思う。

2011-05-14-Sat

  1. 以前land.toへ登録して暫く利用したきり放置してしまっていたのをすっかり忘れていた。空所どころか廃墟と化しているのでそろそろ完全に引き払っておくか。
  2. http://silentminority.web.fc2.comで登録しようとしたらどっかの誰かに先を越されていた。どうやら登録だけして放置しているらしい。
  3. 『フランケン・ふらん(3)』(木々津克久、秋田書店チャンピオン RED コミックス) - イン殺 - xx

    「 1 巻でふらんが学校に行く話が好きなんですが、そこではふらんちゃんが簡単な整形出術をクラスメートに施したことを発端に、生徒たちがどんどん整形や肉体改造に走り、結果的に一つの高校が丸々フリークスの集団になってしまったりします。実に良い個性 2.0 。エクストリーム・自分探し! 通学路で犬が狂ったように生徒たちへ吠えかかっているところなんか特に好きです。」

    ...中略...

    「そこで終わっておけばいい話なのに……。
    医療崩壊を遠回しに DIS りつつも、手加減する気はさらさらない木々津先生にはしびれます。しびれて気が遠くなって熱が出ます。木々津先生はいったい何と戦っているのか、という慣用句を捧げるしかありません。
    あと、カバー裏漫画は毎回更にひと仕事しているというか、ただでさえ台無しな本編を余計台無しにする断片が含まれているので必見。『ネウロ』風に言うなら、頭蓋骨を突き抜けた木々津先生の悪意はカバー裏にこそその先端を見せていると思います。」

  4. この記事読んでから気になって気になって。明日買いに行こう。
  5. NIDってなんじゃらほい
  6. 以前Twitterでplum氏に尋ねたNIDについて、ここでもいろいろと解説されていた。
  7. 秋茜を店仕舞した。いろいろと掘り出し物(ひたぎテーマとか赤いテーマとか青いテーマとか)もあったので2空所の方へ移しておく。それから関連する記事の修正も。

2011-05-15-Sun

  1. twitter中毒も治るかも?な日記アプリDayOne – vanillate

    そして、ある日一線を越えてしまったり、伝えてもどうしようもないことをつぶやいているんじゃないかってすこし不安になったのです。

    実際につぶやくことでナーバスになってしまうようなことも最近は増え、無駄に思考が停止してしまい、仕事しづらくなってしまうこともあるようになりました。

  2. Twitterって、他のユーザーとの距離がとても近いのでこういう感覚になることもあるのかもね。私にはあまり実感できないけど。伝えてもどうしようもないことをつぶやいたところで、他のユーザーにはどうしようもないのだから、それはもうどちらでも同じこと。そのつぶやきはすぐに他の雑音にかき消されるだろう。
  3. そんなところに気を遣うくらいならTwitterなんか利用しなければよく、それでも何かをアウトプットしたいのなら適当なテキストエディタでも立ち上げておいて書き留めておけばいい。それならTwitterと違って後から後悔することもないだろう。
  4. 私にとってTwitterは気に食わないところが多いので、今はつぶやきを流すのではなく他人のつぶやきを眺める用途で利用している。
  5. 他のユーザーなんか気にしなくてもいいのにとは思う。見たくなければフォロー(リスト)を外せばいいし、外されるだろうし。いや、違うか。それが気になるというならそうもいかないのか。
  6. 自分のつぶやきと言うか、そういうのはここで事足りている。何度も書いていることだけど。私にとってこの雑念Stream(マイクロWeb日記)というコンテンツはTwitterを代替することはできてもTwitterにこのコンテンツを代替することはできない。『私にとって』と添えたのは私はこれを他のユーザーとのコミュニケーションを成立させるつもりがないからだけど、それでも出来ない(しない)ってわけではなく、縁があればどこかのだれかとお互い自分のフィールドでやり取りすることもあるかも知れない。
  7. ここをまともに見ている者がどれ程いるのかという興味も無いではないけど、誰が見ていようと、誰も見ていなくても、どちらでも構わない。何らかの反応を期待しているわけではなく、自分の思考の流れ(今書いているような)を書き留めることが目的なのだから。
  8. まあ何らかの検索でここへ辿り着いた者にとってはこのようなコンテンツは意味が無い雑音でしかないかもしれないが、それだって私にとってはどうでもいい些細なこと。『戻る』を選択するか閉じれば済む話。
  9. run-10
  10. ツバサ氏も参加するらしい。CTFキャンペーンの話。
  11. あと、Lock氏もキャンペーンにMHP3rdのテーマを登録していた。いい機会なので太鼓の達人と一緒にCTFアーカイブスに記事を公開。
  12. それはそうと、『CTF作って自慢しあおうぜキャンペーン』って正直言ってダサいよ。語呂も悪いし。ふつうにCTFキャンペーンでいいんじゃないの。って思うんだけど。
  13. Wikiに記載されている趣旨を見るに宣伝活動だからキャンペーンでいいんだろう。もし優劣をつけるのであればコンテストになるけど。それなら『PSPCTF Genesis competition 2011』とか名乗ったり。
  14. …いや、それは紛らわしいか。でもガイドラインなんかはある程度あれを真似して作成してもいいと思うんだけど。以下、PSP Genesis competition 2011を真似してでっちあげてみよう。
  15. PSPCTF Genesis Campaign 2011

    PSPCTF Genesis CampaignはPSPでのCTF(自作カスタムテーマ)の宣伝活動です。応募についてのガイドラインは以下のとおりです。

    • 応募はPSPのCTF形式のカスタムテーマに限ります。CTF形式であれば何でも構いません。CTFを利用するシステムソフトウェアバージョンは問いません。PTF形式のカスタムテーマは今回の対象外です。
    • 応募は201xxxxx日 (当日含む)までです。期間内であればいつでも応募は可能で、締切日までの期間内であればCTFをアップデートしていただいて構いません。
    • 応募する場合はCTF カスタムテーマまとめ Wikiのキャンペーン投稿作品一覧でトピックを立ててください。トピックには応募するCTFの名前と開発者(=応募者)名(複数の場合は全員)、CTFのダウンロードリンクを必ず掲載してください。
    • お一人で複数のCTFを応募も可能です。
    • 応募するCTFはご自身で制作されたものに限ります。他人が制作したCTFをアップデートしたものの場合はオリジナルの制作者が本キャンペーンへの応募を許可したことを応募者自らが証明できる場合に限って認めます。他人のCTFを流用し自分が制作したかのような形での応募はしないでください。
    • SimpleBase.ctfなどのCTF制作用のキットの流用は構いません。これらは元々流用されることを前提に作られています
    • 応募するCTFは完全に新作でも、過去に公開(制作)したCTFでも構いません。
    • このような催しは初めてですので今回のガイドラインが必ずしも良いと言えるものであるとは限りません。改善点・疑問点などがあればお知らせ下さい。
  16. 今日は日中に用事ができたので結局『フランケン・ふらん』を買いに行かなかった。しびれて気が遠くなって熱が出るのはおあずけ。

2011-05-16-Mon

  1. run-10
  2. [Release] Ika musume theme
  3. Googleリーダーで捕捉。ツェネダ氏の新作CTFがendlessparadigm.comで公開されていた。要求システムソフトウェアバージョンは[5.50], [6.20], [6.35], [6.37], [6.38]
  4. 相変わらず突き抜けた完成度。何と言うか、もう色々と。しびれて気が遠くなって熱が出そうになったよ。
  5. それについついTwitterで無駄口を叩いてしまった。: 色々な箇所で操作できるようになってる。多分onFocus系のイベントを組込んでるんだろうな。これは面白い。とか呟いたけれど、良く考えたら違うような気がしてきた。やっぱりXML見ないとはっきりしないか。
  6. まあいつもどおりに記事は書くけど、さて、どこまで掘り下げたものか。飽くまでもテーマ紹介が目的なのだからあまり技術的な話ばかりをしてもつまらない。でも単純に「テーマ公開されてますよー、すごいですよー」ってのは私の流儀ではないし。
  7. まあどこかで折り合いはつけなくてはならないんだけどね。別にツェネダ氏に限った話ではないがCTFってのはそれなり以上に労力が掛かっているものだ。それが他人から見てどんなに見劣りする出来だとしてもだ。それならば記事を書いて紹介するのであれば、こちらもそれなり以上の労力を掛けて記事を仕上げるのが私の流儀。
  8. CTFアーカイブスだってそれは同じ。あそこは私が意図的に小賢しい小細工を施しているから、数少ないであろうここの読者のうちの更にほんの一握りの者が辿り着けるかどうかってくらい閉鎖的なところになっているけど、だからと言ってあそこで公開している記事だって手は抜いていない。
  9. 一応書いておくけど別に隠しているつもりは無い。ただリンクしていないだけで。ほら『リンクフリー』って言葉があるじゃない。正しくあれだよ。
  10. とか何とか書いたり過去記事修正してたりしていたらもうすぐ日付が変わってしまいそうに。仕方ない、記事公開は明日以降におあずけ。
  11. とりあえずRCOファイルを片っ端からDumpしてXMLを眺めてみるか。
  12. あまりに突っ込んだ内容は切り分けて『小ネタ・雑談』カテゴリの記事で投稿してもいいな。

2011-05-17-Tue

  1. ika[6.35]のリソースを全てDumpした。途中いくつかメッセージを出力したのでメモしておく。
    • Warning: File 'Images\tex_help_bar_icon.png' already exists.
    • Warning: Unable to dump resource 'tex_help_bar_icon'.
    • Warning: Specified uncompressed size for entry 'mdl_bg' is incorrect. Specified length = 29248, actual length = 52584
  2. 気になる箇所を少し確認してみたがunknownRef属性やらunknownEvent属性などを利用しているらしい。Button要素とIList要素か。
  3. run-10
  4. 体力的には問題ないけどそろそろ脚に疲れが溜まってきてるようだ。明日の調子次第で休息を取るか。
  5. NANDのバックアップね、始めの頃はBadblock持ちだったこともあって不安で不安でかなり躊躇っていたな。確かあの時はringoさんに質問を投げかけたっけ。今ではNAND書換えまくりどころかflash0にRcomage突っ込んだりしてる始末。多分誰もやってないだろうな。意味無いし。
  6. Jigkick Battery持ってるってのもあるけど、アレまだ使えるのかな。最初に一度使ったきりでもうそれ以降お世話になってないんだよ。しかもとんでもない不良品だったからな。100%まで充電してからACアダプタを外すと目に見える速さで残量が減っていくという。あれは笑った。1分も持たなかったんじゃないか。
  7. まあほんの数秒でも持てば問題ないけど。
  8. そう言えば、まだ一度もUnbricker(Despertar del Cementerio)使ったこと無いんだよな。インストール(MMS化)しておいた方がいいのは解っているのに。
  9. 老後、筋力は半分になるのだよ。その半分の筋力でも、ちょっとしたスポーツを嗜むくらいのことができないと、つまらんとは思わないか。日本人の筋トレアレルギーは異常。

    いやもうほんと仰るとおりで。体は使わなければどんどん衰えていく。まあ頭もだけど。それはさておき、部活動で運動部に所属していれば運動不足の心配は(幽霊部員でもなければ)必要ないだろうけど問題はやめた後だろうな。運動部の連中って大抵よく食べるんだよ。見ていて清々しいくらいに。引退した後も。ここでエネルギー収支が逆転してしまうと数年後目も当てられない事になるのかもしれないね。私は運動部に所属した事はないのでそういう心配はしていない。

    でも体を動かす習慣が無いので、自分なりに考えて体を動かすように習慣付けている。どちらかと言うと黙々と走るのが性に合うので有酸素多めになってしまうけど。それも10km程度までだな。それ以上は時間を割けない。日常生活の中で無理なくこなせる範囲に留めておかないと続かないからな。私にとってこれは日常生活の一部なので終わりはないんだよ。頻度の増減はあるだろうけど。

    私の周囲で似たような考えを持って実践している人は今のところ一人しかいない。その人は私よりもはるかに高齢で、実年齢を聞いたときは驚いたものだ。あのように年を重ねていきたいものだと思わせてくれる。それにしても、年を取ると体だけじゃあなく気力も衰えてくるんだろうな。だから私は今のこの気持ちを絶やすことなく生きていきたいと切に願うよ。

  10. マイクロWeb日記だから使いにくいと思われても困りはしないが、それは違うだろうと。コミュニケーション機能をつけようと思うならつけたっていいんだろうし、アイテムごとにパーマリンクを与えたってURI参照でやるなら本質は変わらないだろうし。まあAPIを備えていたりしたらやり過ぎ感ありまくりだが。

    私はこのマイクロウェブ日記という形は読むにしても書くにしても特に使いにくいとは思っていないな。私がこのコンテンツでコメントもトラックバックも閉じているのは大した理由ではない。この雑念にどこかの誰かの雑音を直接混ぜるのは鬱陶しいだけで。と言うか、こうしてぶつぶつ呟いているところへ近い距離から突っ込まれるのは何となく違和感を感じるんだよな。他所で好き勝手言ってくれる分には構わないと言うか、「いいぞもっとやれ」って感じなんだけど。ちょっと言い過ぎか。「好きにしてよ」ってとこかな。私は私で好きにするから。

    そう言えば日付ごとに識別子を与えて参照できるようにしようと思いつつ放置してしまっているな。もしやるなら過去の分も遡って全てやろうと思うんだけど、どうも億劫で。

  11. それはそうと、コミュニケーション機能といえば、一部を除いてどの記事にもコメントの書込みは今でもできる。display:noneで非表示させているだけなので。何でわざわざそんなことをしているかと言うと過去の書込みを残したままでコメント機能を無効にする設定が無かったから。だから書き込もうと思えば容易に書き込めるんだけどそれはそれで構わないと思っている。わざわざそこまでして書き込みたいと思う者なんていないだろうし。たぶん。それにどこからでも書き込み専用に用意したページを参照できるようにしているのだから。フッター位置のリンクはそういう経緯があってのこと。
  12. いかむすめテーマの記事書けた。間に合ったようで何より。
  13. CTFキャンペーン改めCTFコンペティション。
  14. ああ、結局優劣つけるのか。いつか誰かが言い出してこういう流れになるのは予想どおりというか。はっきりとした目的ができた方が刺激になって参加しようというインセンティブは働くのかな。
  15. いつだったか、みひぽん氏が言ってたっけ。私もこういうのを見てると面白そうだと感じているのに何もできない(しない)のは歯痒いものだ。

2011-05-18-Wed

  1. 今日は寝覚めが悪い。起き抜けからひどい頭痛だ。
  2. 脚の方はいつもどおり。それなりにだるさが残っている程度。これなら日中で十分回復するだろう。
  3. 少し走り方に変化をつけてみるか。一定のペースではなく、上り坂でペースを上げて下り坂はゆっくりと。
  4. run-10
  5. 早速試してみたが上り坂が想像以上にきつかった。久し振りに走っている途中で脚を止めてしまいたいという強烈な誘惑に駆られてしまった。呼吸は乱れて発汗量も半端じゃなく後半は気力だけで走ったような気がする。何とか走りきれたが。普段は余力を残しまくりだったということがよく分かったよ。
  6. でもこれはいいね。この負荷に体がついてくれば確実に今より体力は向上してるだろうからな。さて、どのくらいで馴染んでくれるかな。これは先が楽しみだよ。
  7. くるみの胡桃 リラックマ

    まさかの失敗…なのではないか? いやいやそんなことはない、私はこのテーマ、かなりいい出来だと思うよ。プレビュー画像見てすぐ欲しいって思ってしまったし。

    PTFってVegetano1氏のsony_modと相性がいいんだよな。手軽に変更できるから。JESSY氏のテーマもPTFベースだから同じだ。特にスペースインベーダーのテーマはほんとに気に入ってるんだよ。

  8. sysconf_plugin.xmlのPage[name="main"]の記事はイカむすのテーマを利用させてもらうか。途中までP3Tをサンプルに書いてたけどあれはお蔵入りにして書き直し。
  9. 無題はどうもサンプルとしても扱い辛い。ごちゃごちゃしすぎて自分でもよく判らなくなってしまっている。
  10. CTFコンペティション。

    完全オリジナルの作品に限定するのは、ちょっと厳しいのでは? 線引きが難しいけれども、「常識の範囲内で」とか流用部分は明記することが望ましい」等にするのはどうでしょうか --- ツェネダ (2011/05/18 00:39:52)

    ちょっと厳しいどころか無理だろうな。私にとっての『常識の範囲内』ってのはどの程度だろう。そうだな、例えば、「patpat氏の3rd Birthdayのカテゴリメニューを丸ごと流用くらいならいいんじゃないの」ってとこだな。他にはキューブとかモデルデータとか、そのくらいはいいだろ。私はそう思うよ。厳密に制限などすればそれこそ『早く公開した者勝ち』になってしまう。そりゃフェアじゃないだろうと。例えば、期限いっぱいまで作り込んでいたとして内容が先発のものと被っていることに途中で気付いてしまったとしたら? 後発の制作者にとって足枷になってしまう。もしそうするなら受付期間など設けない方がいい。私なら公開しないだろうな。いや、それはどうしようもないから気にしても仕方がないか。しかし優劣をつけることについてはもともと暗示されていたようなものだけど、はっきりと明示されてしまった時点で参加者層が変わっただろう。優劣をつけたいと思う制作者も居ればその逆もまた然り。どちらがいいという話ではなく、こういうのは最初に固めておかないと。

    あの記載はもともとGenesis competitionの真似をして適当にでっちあげたものなんだから。しかしそれでも自分の言葉を翻しているのに違いはないか。でも叩き台なんだからいいだろ、間違いは正せばいい。さておき、私は流用部分の明記すら必要ないと考えているんだけどその辺はどう感じるのかね。明記したければsysconf_plugin.rcoのaboutページにでも仕込んでおけばいいだろうし、やり過ぎていれば自然淘汰されるだろうし、個人の裁量に任せてみたらどうかな。たぶん、PTFのような愉快で愉快で面白いことにはならないだろうよ。

    まあはっきり言うとこうだ。「あんな記載取っ払ってしまえばいい。」

    あんな記載→ 応募するCTFはご自身で制作されたものに限ります。他人が制作したCTFをアップデートしたものの場合はオリジナルの制作者が本キャンペーンへの応募を許可したことを応募者自らが証明できる場合に限って認めます。他人のCTFを流用し自分が制作したかのような形での応募はしないでください。

  11. SlideOutの使用例 - CTF カスタムテーマまとめ Wiki

    永遠に謎のまま理解できることは無いだろうと諦めていたSlideOut要素の仕組みの一端がここに。(x|y)speed属性を名前のとおり速度に関する内容だと思い込んでいた私には辿り着けなかったわけだ。(x|y)speed属性で位置決めして(x|y)compress属性で範囲を決める。仕上げにResize要素で表示サイズの調整か。

  12. そうそう、大事な事を書き忘れていた。私の意見としては登録作品に優劣をつけるのは賛成だ。何故なら、webで公開してしまえばその時点で公開者がどのような意図を持っていようとそれとは無関係に評価され得るから。たとえ評価を望んでいなかったとしても。その逆に何か反応を期待していたとしても、道端に転がった石ころのように無視されるかもしれない。「そういうのが嫌なら公開しない方がいいよ」って意味で優劣をつけることに賛成。そんなことは大きなお世話だと言われればそのとおりなんだけど。
  13. 今日は朝からコーヒーばっかり飲んでいるせいか胃が痛くなってきた。
  14. アクセスすると目当てのコンテンツではなく「あなたのブラウザは対応していません」などと表示してアップデートを促す。そこまでは、大きなお世話だがまあいいとしてもだ、『戻る』の機能すら奪うってのはどういうつもりなんだ。ここ最近でのとびきり悪いユーザー体験だった。
  15. 表示が崩れる程度ならまだマシだけど、あれはひどいよ。CSS3に関する情報を探していて辿り着いたサイトだったからあれか、解釈できない代理人は来るなってことか。すぐに閉じたし履歴を見る気にもならないのでリンクしないけど。と言うか、そんなサイトにリンクなんかできるか。
  16. 興が削がれた。

2011-05-19-Thu

  1. 確かにマイクロWeb日記でなければ公開し得なかったものはある。日々の思考過程を書き連ねる事もあれば今後書く予定の記事の断片である場合もある。何でもアリだ。今までは仕上がりが半端で公開を保留して結局お蔵入りさせた記事もかなりあるが、ここではそんなことは考えない。思い付いた時にちょっとメモする事もあれば長文を書くこともある。ほんとうは、そんな事など気にしなくてもいいのは分かっているのだけれど、断片だけの状態で記事を更新したって構うことはないのは分かっているのだけれど、しかしそれでも抵抗感を感じてしまう。
  2. ここではその抵抗感が大幅に軽減されるので軽快に書いて更新できているが、なにも考えずに書いているのではない、逆だ。ここでは私が考えている事を書いているのだから。
  3. 見出しの有無は内容によって付けたり付けなかったり。これは今のところ明確な基準を自分の中で作ってはいない。作るつもりも無い。制限はしない、そんなものは枷になるだけだ。
  4. マイクロWeb日記の日付ごとにIDを付けた。

    無意味な、ランダムな文字列ではなく一定の規則に沿ったものにしているので堅牢とは言えないかも知れないが、当面はこれに従う。

    IDの振り方は次に示すとおりとする。REF182_STM1105_Y2011M05D19THU_C16

    • この記事では1日の塊を1つの章(chapter)と見立てる。
    • この記事内のIDは4つの文字列のグループから構成される。
    • 各グループはアンダースコア(_)で区切られる。
    • REF182は記事番号を表す。
    • STM1105は雑念Stream201105月号であることを表す。例えば2011年04月号であればSTM1104となる。
    • Y2011M05D19THUはそのchapterの作成日付情報を表す。記述は、年月日曜の順序で行い、Y2011が年を、M05が月を、D19が日を、THUが曜日を表す。
    • C16はその記事内において現在のchapterが何番目かを表す。この場合は雑念Stream2011年05月号の第16章である。
      • 更に、同じ日付内において節(section)に相当する塊が存在した場合、そのsectionのIDはC16S1のように続くものとする。
  5. 製造番号(シリアルナンバー)を付けるようなイメージだな。
  6. 「そこまでする意味ねー」とかいう声が聞こえてきそうだ。
  7. run-10
  8. 走り出すまでは昨日の疲れもあまり残っていないようだったが、走り出した途端ものすごい脚にだるさを感じた。それでも3kmを越えた辺りから平気になってきた。上り坂はまだつらい。
  9. 一応明日も時間が許せば走るつもり。土曜は休息日とする。
  10. SlideOut要素と言うよりはSliceSlide要素って感じだな。
  11. Rcomageガイド(-1) SlideOut要素の基本動作

    この内容は、SlideOutの使用例 - CTF カスタムテーマまとめ Wikiの情報に基き記載されている。

    SlideOut要素はアニメーション系統に属する要素であり、その働きは、対象とするオブジェクト系統の要素のうち画像置換されているものに対して効力を発揮するものである。

    別図1: SlideOut要素による表示処理の基本動作
    SlideOut要素による画像処理のイメージ

    別図1で示しているとおり、SlideOut要素の対象にされたオブジェクトは、予め任意に範囲を指定し、次にその指定された範囲の内容をオブジェクト、またはイメージの持つ表示領域一杯まで引き伸ばされる。このときオブジェクトの実寸は常に保持されており、選択範囲から外れた内容は、表示領域外へと押し出される(スライドアウト)

    範囲の選択は任意に指定できるが、引き伸ばし処理を無効化することはできない。この動作は必ず実行される。

    次に、SlideOut要素の持つ固有属性について説明する。

    xspeed
    水平方向(X軸線上)の範囲選択の起点を指定する。ここで指定された座標とyspeedで指定された座標の交点が範囲選択の起点となる。値として許容されるのは数値で、小数値、負の値も許容される。位置関係は、0が対象とするオブジェクトの左端を、1が右端を指定する。負の値になれば方向は反転する。例えば中心を指定したければxspeed="0.5"とすればよい。
    yspeed
    垂直方向(Y軸線上)の範囲選択の起点を指定する。ここで指定された座標とxspeedで指定された座標の交点が範囲選択の起点となる。値として許容されるのは数値で、小数値、負の値も許容される。位置関係は、0が対象とするオブジェクトの上端を、1が下端を指定する。負の値になれば方向は反転する。例えば中心を指定したければyspeed="0.5"とすればよい。
    xcompress
    xspeed属性で指定した位置から水平方向(X軸線上)への距離を指定する。値は-1から1までの範囲が有効で、小数値も許容される。正の値は起点から右方向の距離を指定し、負の値は左方向の距離を指定する。
    ycompress
    yspeed属性で指定した位置から垂直方向(Y軸線上)への距離を指定する。値は-1から1までの範囲が有効で、小数値も許容される。正の値は起点から下方向の距離を指定し、負の値は上方向の距離を指定する。

    先程引き伸ばし処理を無効化させることはできないと述べたが、以下の記述で無効化と同等の処理をさせることができる。

    <Animation name="noSlide">
        <SlideOut object="object:EP" duration="10000" accelMode="0" xspeed="0" yspeed="0" xcompress="1" ycompress="1"/>
    </Animation>

    この記述は、次のように解釈される。まず、範囲選択の起点はオブジェクトの左上端へ位置決めされ、その位置からオブジェクトの右下端まで、即ちオブジェクトの実寸と同じ範囲が選択されたことになる。よって、オブジェクトの引き伸ばし量は水平及び垂直方向共に0、つまり引き伸ばされないということになる。

    次に、負の値を指定したときの例を挙げる。

    <Animation name="reverseSlide">
        <SlideOut object="object:EP" duration="10000" accelMode="0" xspeed="1" yspeed="1" xcompress="-1" ycompress="-1"/>
    </Animation>

    この記述は、次のような動作をとる。オブジェクトの中心座標を起点とし、全方向に向けて引き伸ばされていき、完全に引き伸ばされたところで対象オブジェクトは水平・垂直方向に裏返り、そのまま元の大きさまで収縮する。処理後の結果だけ見ればこれは、Resize要素でマイナス1倍を指定して反転させたときと同様である

  12. まあこのように単体で投稿するような記事を書いたっていい。先ほど書いた内容は未完成であり、まだ記事として投稿するつもりが無かったものだ。しかし、ここではそのようなことを気にする事無く断片的に書き上げて即公開する事もできる。
  13. ある話題についての断片がマイクロWeb日記上の異なる章へ分散することもあるだろうが、構わずどんどん公開する。それが蓄積してきたときに一纏めにしたっていい。

2011-05-20-Fri

  1. 思っていたよりも疲労が抜けていない。全身にひどいだるさが残っている。予定変更して今日は体を休めるか。
  2. Rcomage Helperとかいうアプリケーションが公開されているようで。ダウンロードして立ち上げたら、

    このアプリケーションを実行するには、最初にイカの.NET Framework バージョンのいずれかをインストールする必要があります。 v4.0.30319

    というダイアログが出た。

  3. これは後回しでいいか。スクリーンショットを見た感じではRCO Editorと大差なさそうだからな。
  4. Twitter / A型: 最近 PSP系のブログでは・・・どういう効果があると ...

    私には今に始まった話でもないように見える。導入方法と言うか、記事の内容の見分けがつかないようなブログがやたらと目に付く。

2011-05-21-Sat

  1. ブログを読んで違うと思ったらどんどん否定しよう: 304 Not Modified

    でも、はてブって直接本人に届く場所とは限らないんじゃないですか。通知が来るわけでもないですし。そこに否定のメッセージを書くってことは、記事の書き手や読者がそのはてブコメントを読むってことを前提にしているからなんですね。「伝わる場所」として認知されたという意味で、はてブは“成功”しているのです。

    もうほとんど利用しなくなったが、私はあれでブックマークするときは『コメント』と言うよりは『メモ書き』を残しておくようなつもりで書いている。ブックマークメモ。何時何処の誰かが読むのかも知れないだろうけど、否定にしても肯定にしても誰かに伝えようという意思はなく。何時でも何処の誰でも読めると言うだけで。

    今ここでこうして書いていることにしても、書き手に伝えようなんて意思はなく、どちらでもいい。否定していると言うより、肯定していると言うより、私にとってはリンク先の記事を読んで頭に浮かんだことを書いているだけで。

  2. オンラインブックマークとか無断リンクとかを防ぎたければ黙っていた方が余程効果的なんじゃないのか。『オンラインブックマーク禁止』ってなんかその言葉自体が餌になっているように見える。黙っていれば少なくともそういう餌に食いつくような変な奴は現れないだろうよ。
  3. meta[name="robots" content="none"]とでも書いて、黙々とやってればほとんど誰も気付かないから。これは実験済み。
  4. とりあえず俺と踊ろう  ― Well, let's dance with me. ― : コメント機能の復活を検討する

    自分にとってコメントを返す労力というものは結構大きくて、
    気を遣ったり、言葉を選んだりするうちに疲れてしまっていた。
    それから、やはり反対意見というものはあるもので、
    そういった人たちと議論を交わすというのも気疲れしてしまう。
    ブログを自分の息抜きの場として考えると、
    そこで疲れを感じるというのは良くないことだと思ったのでコメントを閉じた。

    中略…

    しばらくコメントを閉じていた身としては、否定されると心的疲労が大きそうだが、
    コメントから得られる情報が大きかったことは過去に何度もあるし、
    否定コメントが自分の考えをまとめる良い機会になったことも確かだ。
    ブログの中には、コメントに一切返信をしないというスタンスのものもある。

  5. このブログでのコメントの扱いについて書いておく。

    著者スタイルシートを適用している場合は個別記事でのコメントの書き込みはできないようにしている。これの理由は、管理画面の設定で『受け付けない』ようにすると過去に書き込まれたコメントまで非表示にされてしまうからで、仕方なしにdisplayプロパティで書き込みフォームのみを非表示させている。何らかの手段で著者スタイルシートを無効化、またはユーザースタイルシートを被せれば書き込みフォームを表示させることは可能。また、モバイルテンプレートは現時点では何も手を加えていないので、そちらからは普通に書き込みは可能なはず(確認はしていない)。

    では何故個別記事での書き込みをさせないように仕向けているのかについて。これはコメントを特定の箇所へ集積させたかったから。そのために、コメントの書き込みのみを目的とした記事を用意し、どこからでも参照可能にするためフッターに相当する位置へリンクを用意している。何か訊きたければ質問用のページへ、それ以外の用件なら雑談用のページへ。

    しかし著者の意図はどうあれ、個別記事にコメントができることは理解しているので、仮に書き込まれたとしてもそれはそれでいいと思っている。質問用ページで雑談を持ち込もうとも、雑談用ページで質問されようともそれはそれでいいと思っている。分かりやすい枠組みを作っておいた方がコメントする側としても都合がいいだろうと考えたからで。あまり細かいことは気にしない。

    何故そこまでしてコメント機能を残しておくのか。これは、私に対して直接のやり取りがしたい人がいたときのためだ。私は過去にあるサイトの著者と連絡を取りたいと思い、しかしその手段が一切用意されていなかったので諦めたことがある。このブログではE-mailアドレスは今は記載していないし再び記載するつもりも無く、Twitterアカウントを所持しているがそちらはまともに利用していないので@AiiroKarasuでメッセージを寄越されても気付かないだろうから、このブログのコメントのみが実質的な連絡先と言えよう。

    コメントに対するスタンスというか、反応については質問であれば判る範囲で答(応)えるようにしている。雑談は適当に。また、書き込まれる内容については何でもご自由にという考え。『何でも』とは文字通りの意味。基本的には何を書き込まれようとも削除はしない方針。雑談ページであればたとえ荒らし目的の内容でも放置する。逆に書き込んだ者が自ら「削除してくれ」と言っても放置する。例外は用意しているがそれは伏せておく。

  6. とりあえず頭に浮かんだことをどんどん書き出してみた。色々書いているけれど私にとってはコメントなんて気楽なもので、労力というものは結構小さいもので、言葉は選べど気遣いはあまりない。反対意見はあるはずだろうけど、そういった人たちと議論を交わすつもりも無し。この件については反対意見を寄越されようとも、「私は私の考えでやるから、そちらはそちらで好きにしてよ。」ってのが正直なところ。これに対する反論・否定の書き込みも「好きにしてよ。」

2011-05-22-Sun

  1. run-10
  2. 今日は久々に自然公園に散策に行ってきた。
  3. 道中の花の写真。1枚目のくまばちを写すのに少し手こずった。丁度いいところで他の、体格の小さいくまばちが大きいくまばちへ体当たりをして撮影の邪魔をされた。

    赤い花 青い花 白い綿毛

  4. 私は水面に映り込んだ風景の写真を撮るのが好きなので、水たまりを見つけるとよくしゃがんで覗き込んでいる。

    小さい水たまり 大きい水たまり 水たまり、ではなく池

  5. 雨が降ったり、止んだり、曇り空だったりした天気が次第に晴れてきて日差しが強くなってきたので、誰も通らないような日陰の道(のようなところ)を通ったり。今日は猫をたくさん見掛けた。あまり近くに寄ると逃げてしまうので適当なところから撮影してみた。でも、黒猫の方は警戒心が無いのか眠気が強いのか、間近で撮影できた。あと、私がカメラを出す仕草を見て、餌をくれるとでも思ったのか猫なで声(猫だけど)を出しながら近寄ってくるやつも居た。早とちりするなよ、写真を撮るだけなんだから。

    日差しが強くなってきた 誰も通らないような道 猫 くろね子さん

  6. 今年は4月に休みが取れなかったので桜を見逃してしまって残念だったが、どの季節でも見どころがあるからいつ来ても楽しめる。ただ歩くだけでいい。ゆっくりと、ゆったりと、木々や花に目を向け、水たまりを覗き込み、鳥の鳴き声や川の流れる音に耳を澄ます。そうすると、日常の喧騒を忘れてとても穏やかな時間を過ごすことができる。
  7. さて、次は梅雨に入ったらまた来ようか。雨の日に散策するのも悪くない。今日も何度か見掛けたけど、これからの季節はスズメバチに注意しておかないといけない。服も散策用のものを用意しておくか。

2011-05-23-Mon

  1. Twitter / みひぽん: 原理は解った。そして、ツェネダ氏が変態(いい意味で) ...

    ツェネダ氏が変態呼ばわりを。まあそれはさておき、ここでみひぽん氏の言っている原理ってのはテーマ設定を『標準』に設定したときの背景のことらしい。一応私も見てはいたんだけど、初見で疑問を持たなかった辺り私も見る目が無いというか。曇っているというか。

    確かにあの揺れ方には疑問を持つべきだった。と言うか、何だあれ。よくよく見たらありえない動きをしている。というわけで早速system_plugin_bg.xmlを調べてみたら――まだちょっと見ただけだけど、何となくやってることが解った。これはとんでもない。

    それともう一つ。よく考えてみれば『クラシック』と『標準』の背景が異なっているところにも気付けていなかった。いや、違いには気付いていたけれど、疑問に思わなかった。…これはいよいよ見る目が無くなっているな。

  2. ○○のテーマ作ってくれたら投票するよー。」
  3. この程度なら想定の範囲内というか。現状では餌にならないし、逆効果にしかならない。こういうのはどうしても票を得たいと思えるほどのインセンティブがないと。でもその場合に問題となるのは不正なんだけど。今のままならその心配も要らないだろうし。いや、そもそも餌のつもりではなく、そういうこと――逆効果になることを理解した上でのものなのかも知れないけれど。でもそれはどちらでも同じことか。
  4. それはそうと、イカのテーマは登録しないのかな。
  5. 小論文の添削でしょっちゅう指摘したこと - らいおんの隠れ家

2011-05-24-Tue

  1. SlideOut要素は指定範囲の切抜きではなく、ズームのような動作をとっているように見える。
  2. Page[name="page_default_theme2_3D"]>Plane[name="original_bg"]が一体何を意味しているのか。
  3. どうも私はsystem_plugin_bg.rcoの構造を理解できていなかったらしい。

    Page[name="page_default_theme"]へオブジェクト要素を追加すると、テーマ設定『標準』及び『クラシック』へ反映される。Page[name="page_wallpaper_theme"]へオブジェクト要素を追加すると、テーマ設定『スイートクッキー』、『カスタムテーマ』及び『壁紙』へ反映される。…私はここまでの認識だったが、例のika themeを見て新たに判った事がある。

    まず、Page[name="page_default_theme_3D"]へ追加されたオブジェクト要素は、テーマ設定『クラシック』でのみ反映される。そして、Page[name="page_default_theme2_3D"]へ追加されたオブジェクトはテーマ設定『標準』でのみ反映されるようになるらしい。

    これを利用すればそれぞれを異なるものにすることもできるし、『標準』、『クラシック』のどちらにも同じように変更したいときはPage[name="page_default_theme"]へ子要素の追加を行えばいい。

  4. Organ Classic 6.20 CTF

    このテーマは非常に私好み。

  5. run-10
  6. PlayStation.com(Japan)|PSP®「プレイステーション・ポータブル」情報|システムソフトウェア アップデート

    2011年5月24日から、システムソフトウェア バージョン6.39のアップデートを開始しました。

    システムソフトウェア バージョン6.39で更新される主な機能

    • PlayStation®Networkへのサインインが失敗するときに表示されるエラーメッセージの内容を修正しました。

    PlayStation®Networkに対する不正アクセスが確認されたため、セキュリティー対策の一環として、すべてのお客様にPlayStation®Networkのパスワードを変更していただくプロセスを追加しました。

    バージョン6.39にアップデート後、初めてPlayStation®Networkにサインインするとき、パスワードの変更が必要となります。

    • 現在、日本国内においては、システムソフトウェアのアップデート後、すぐにパスワードを変更していただくことはできません。
    • 日本国内でPlayStation®Networkのパスワード変更、およびPlayStation®Networkのサービス利用ができる時期は、決まり次第、ご案内させていただきます。

2011-05-25-Wed

  1. 6.39/6.38 Downgrader v3リリース ~some1氏、OFW 6.39リリース当日に突破 | 大人のためのゲーム講座

    私は審査員ではないので外野から勝手なこと言ってる程度の内容になりますが、実はPSP Hackの王道であるこのダウングレーダーと、カスタムファームウェアであるVirtuousFlame氏/Coldbird氏のCFW PRO-B5とが優勝と準優勝と分け合うようでは今後に繋がらないかなぁと思っています。

    だって、カスタムファームウェアかカーネルexploit見つけないとトップを狙えないのはHomebrew開発の裾野を広げることにはならないでしょ?

    審査が始まってみないと何とも言えないが、確かにその結果はつまらないな。これってジョーカーみたいなもので、出た時点で勝ちが決まってしまうようなら、「あーあ、やっぱりそうなるの。」ってなるのかも。そりゃ興醒めだわ。

  2. リンク弾き利用上の注意

    それは設定した許可URL以外からのリンククリックがなされたときに、既にそのリンク先がサーバー上に存在しなくなったと思わせることだ。 かなり前の話になるが、ある時期にJavaScriptを使って実験したことがある。そのとき試したのはblog52の部分をblog53に変更するだけというものだったけど、53だろうが54だろうが存在しないので、表示されるのはFC2の用意しているPage not foundになるという内容だったか。確かリファラを取得してsearchという文字列と合致した場合のみlocation.replace("http://silentminority.blog53.fc2.com/");というような。

    今思えばつまらない話で、こんなつまらないことは二度とやることはないのだろうけれど。

  3. 徐々にだけど確実に私の周囲の人間関係が腐ってきている。崩れてきている。この調子だとその内リーダー格の人間と正面衝突することになりそうな予感が。まあ今までも露骨に喧嘩腰で絡まれてて、その度に適当にいなしていたわけだけれど、いい加減私もどうでもよくなってきたというか。
  4. いや、駄目だな。正面からやりあっても消耗するだけだし、時間と気力の無駄遣いだ。今までどおり気に留めないようにしておくか。干渉ではなく観賞を。腐りきって崩れたら、その時はその時、以前から問題点を指摘し続けたにもかかわらず無視されてきたようなものだし、まあなるようになるんじゃないの。
  5. 愛想が尽きたってこと。
  6. ダウンロード詳細 Microsoft .NET Framework 4 (Web インストーラー)

    Rcomage Helper起動失敗のダイアログの指示通りにこいつをインストールしたら立ち上げることができた。少し使ってみてから記事にしておくか。

  7. 639ME (◕‿‿◕) < http://www.sendspace.com/file/4ro0vx

2011-05-26-Thu

  1. 639ME-2 (◕‿‿◕) < bug fix http://www.sendspace.com/file/an5ey1
  2. iconOffset = objectAlignment

    iconOffset属性は汎用属性で、対象となるオブジェクト要素の整列を行う(アライメント調整)。通常は中央揃えにされているが、右揃えや左揃えなどにすることもできる。

    値は0x0のような16進数表記の整数が許容される。

    後追いの形になるがそのうち記事にはしておく。

  3. RCO SPT v1.0 の Text extraction tool について / みひぽんの気まぐれブログ

    Text extraction toolは何だかよく分からないから放置していたんだけど、こうやって使うものだったのか。というかよく解るもんだな。

    いつ公開できるか全く判りませんが、CTF作成中です。 それはそうと、Magic the Gatheringのテーマは復活しないのかな。私が見つけた時には既に手に入らなくなっていた。かなり古い時期のものだからデータがもう無いのか。

    このブログも古い記事ばっかりなので、何とかしないとですね。 とりあえず各カテゴリへのリンク表示をして欲しい。記事のカテゴリ分けはされているのに何でリンクを用意しないんだろう。不思議。

2011-05-27-Fri

  1. ika musume themeのオブジェクト操作の仕組みについて少し調べてみた。

    Page要素、MList要素、IList要素、Button要素の固有属性を場面に応じて利用している。

    • コンテンツ情報表示ではIList要素とButton要素またはPage要素
    • コンテキストメニューではMList要素とPage要素

    ただし、同じような場面でもRCOファイルによって(アニメーションの内容によって)はこれら以外の組合せのものもある。次に、各要素で利用されている固有属性について。

    Page要素ではonContextMenu属性が使われている。これはコンテキストメニューの呼出し、△ボタンを押すことで処理が実行される。

    MList要素は以下のとおり。詳細はまだよく判らない。

    • unknownRef27
    • unknownRef29
    • unknownRef33
    • unknownRef35
    • unknownRef37

    IList要素以下のとおり。

    • unknownEvent21 : 十字キーの←を押すことで処理が実行される。
    • unknownRef23 : 十字キーの→を押すことで処理が実行される。

    Button要素は以下のとおり。

    • unknownEvent24 : ○ボタンを押すことで処理が実行される。
    • unknownEvent30 : 十字キーの←を押すことで処理が実行される。
    • unknownEvent32 : 十字キーの→を押すことで処理が実行される。
    • unknownEvent34 : 十字キーの↑を押すことで処理が実行される。
    • unknownEvent36 : 十字キーの↓を押すことで処理が実行される。
    • unknownEvent38 : △ボタンを押すことで処理が実行される。

    オブジェクトの操作は、これらのイベント属性を利用して、例えばMoveTo要素で左方向に移動させるメソッドを用意しておき、これをIList要素のunknownEvent21属性から呼出し、右方向に移動させるメソッドを用意してこれをIList要素のunknownRef23属性から呼出すようにしておけばあのような動作をさせることができる。あの動作は内部的にはキーを押す度にそれに対応したメソッドが呼出されているということで、実行途中で異なるメソッドが呼出された場合――例えば右方向に移動している途中で←キーを押したら、その時点で動作はキャンセルされ新たに呼出されたメソッドが実行される。

  2. まだ自分では試してなくソースを見て判るところはこのくらい。これもそのうち自前のサンプルで調べてみてから改めて纏めておきたい。

2011-05-28-Sst

  1. 『涼宮ハルヒの驚愕(前)(後)』が発売されていたので買ってきた。

    私にとって驚愕なのは前作である『涼宮ハルヒの分裂』から4年以上の期間が空いているということだ。と言うのも、あまりに間が空きすぎていたので、私は作者がもう続きを書くのを投げ出したのかと思っていて、正直言ってその存在を忘れていた。

    物語の内容は『涼宮ハルヒの分裂』の続きになっているんだったよな。もう話の流れをうろ覚えどころかほとんど忘れてしまっているんだけど、読み返す気になれない。それは私がこのシリーズをあまり好きではない、と言うより苦手だから。何故苦手なのかというと、物語の展開のリズムが私と噛み合わない、語り部の話の進め方の手際が悪いからだ。まあこれは、語り部ではなく作者の手際、ということなんだけれど。例えば以下のような、

    月曜日という平日の第一日目に節目も何もあったものではなく、怠惰な休日を過ごしていた日曜の弛緩した状態が身体に残っているためか、学校から自宅へと至る道がやけに長く、歩行時間もまた永いように感じる。

    すっかり忘れていたけど、全体を通してこんな調子なんだった。思い出したよ。いきなり挫けそうになってしまった。この調子が何故か私と噛み合わないので、読み辛くて1冊を読むのに結構な時間が掛かる。だから適当な長さで分割して数日掛けて読んでいる。話の内容は悪くない、どころか面白いと思うのにこの語り部との相性の悪さのせいでどうも面白さが半減してしまっている。

    「じゃあ何で買う(読む)んだよ」と言われるかも知れない。それはもっともな突っ込みだし、私もそう思う。それはこのシリーズは私がライトノベルと呼ばれるカテゴリに最初に手を出した作品の一つで、何でもいいから適当に読んでみようと思って物色していたときに目に付いたのがこの作品だったからで、その時は『涼宮ハルヒの憂鬱』から『涼宮ハルヒの分裂』までを一気に買ってしまった。読み始めてから失敗したと思ったがもう後の祭り。買ったからには一応一度は読むことに決めているので全部読んだし、『分裂』は続き物として書かれているので続きが出た以上、読んでおかないと切りが悪くて縁を切るに切れない。

  2. それはそうと、キャラクターのイラストの雰囲気がかなり変わってしまっているな。
  3. ライトノベルというカテゴリの作品で私と最も相性の良かったのは『ムシウタ』という作品だ。bugシリーズも含め全て読んでいる。bugシリーズの方は完結しているが本編はまだ続いているんだけど、これもいつになるやら。物語はそろそろ終盤なんだけど、続きはいつ発売されるのかなー。
  4. と思って少し調べたら信じられないことが。最新刊(夢滅ぼす予言)がとっくの前に発売されていたらしい。何てこと。全然気付かなかったよ。
  5. 明日買いに行こう。
  6. 今週は雨の日が多くてほとんど走れてない。
  7. 雨の程度にもよるけど、明日の朝にでもまた散策に行ってみようかな。いい景色が見れそうな気がする。

2011-05-29-Sun

  1. MP3PlayerPlugin_v1.8 http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/238204 FW6.39に対応 CPUクロック変更の項目をメニューに追加 (メニューの表示が消える際に変更が適応されます)
  2. CXMB_for_371-639.zip http://www.sendspace.com/file/osa2s1

    @Lockthebird777 6.38用のCTFをそのまま読み込める仕様にしておきました。

  3. newpsardump-639 http://www.sendspace.com/file/e85j0j
  4. 今日も朝から予報どおり雨が降っていたので予定どおり散策に出掛けてきた。

    水辺の写真を撮ろうと思ってたけど、川がかなり増水していてご覧の有様。先週来たときはここ、普通に通れたんだけど。危なくてこれ以上進めなかった。残念。一応傘を持ってきたけど、歩いているうちに服も靴の中もびしょびしょに。道中で気休め程度の雨宿りをしつつ適当に写真を撮りながら先週歩いた道をなぞってみた。

    増水して通れなくなった道 激流と化した川 雨宿り中1 雨宿り中2

    晴の日はそれなりに人がいるのだけれど、今日は雨のせいか人は私以外誰も見掛けることはなく自然の音しか聴こえてこなかった。猫もあまり見掛けなかったが、鳴き声だけは時々聴こえてくるので少し探してみたら雨宿りしているのを見つけた。近づいてみたけど逃げる気配は無く大人しく撮影に協力してくれた。

    名前を知らない花1 名前を知らない花2 雨宿り中の猫

    同じ道でも印象が全く異なっていて面白い。私にとっては雨の日の方が楽しめるようだ。今日はうっかりしていたけど次は長靴を履いてこよう。

  5. 帰りがけに書店に寄って『ムシウタ』を探したんだけど、取り扱ってないらしく買うことができなかった。残念。それと、『フランケン・ふらん』も置いてなかった。品揃えが悪いよ。
  6. LCFW 6.39ME-2 installer BETA for OFW6.39~PSP-3000サポート | 大人のためのゲーム講座
  7. 6.20/6.35/6.39 PRO-B6 リリース そして本格CFW初のオープンソース化 | 大人のためのゲーム講座

    今日はCustom Firmwareが複数公開されているらしい。Googleリーダーを眺めているとあちらこちらで同じようなタイトルのフィードが引っ掛かっていた。さておき、ME系とPRO系に関しての情報が流れていたので掬っておく。

    • 6.39ME-2と6.39PRO-B6 両用可能と言いたいところだけど、MEのVSHメニューが開かなくなる模様
    • @Agata781 PROのインストーラーがMEのVSHMenuを削除してしまうようです。再度MEをインストールすれば治ります。
    • @Agata781 それか、「seplugins」フォルダに「satelite.prx」を配置すれば、MEはそれを見てくれるので、OKですよ。
  8. どうやらpprefsもPSPコンペに登録したらしい。

2011-05-30-Mon

  1. ぶろぐばなし。
  2. Tumblrを試してみようと思ったけど止めた。voidspaceが既に取得されていたので。PSP用の壁紙とか撮りだめした写真とかの保管庫として使おうと思ったんだけど、他所を当るか。
  3. テンプレートを自由に変更できるならどこのウェブログサービスでもいいけど。というか別にウェブログサービスじゃなくてもいいんだけど。でも1空所は使うつもりが無いからやっぱりどこかのウェブログサービスにしておくか。
  4. FC2blogはvoidspaceが取得できなかったので駄目。それなら何処にしようかってことですぐ思いついたのはlivedoorと忍者か。どちらもFC2と同じくらいテンプレート変更できるらしいし。どうせテンプレートの変更、というか新規作成するとして、それぞれの専用タグの種類を確認しておけば外観はどうとでもできるし、どちらでもいいか。
  5. ここの記事でlivedoorブログや忍者ブログのカスタマイズの記事とか書いたら程よく混沌として面白そうだな。まあ私がこの手の記事を書いたらサイドバー全て取っ払ってここと同じような外観になってしまうという概ね不評の誰得記事になるのは目に見えているわけだけれど。
  6. はてなのアカウントも取っているけど、はてなダイアリは使う気にならなかった。どうも変更の自由度が中途半端らしいので。
  7. run-10

2011-05-31-Tue

  1. 忍者ブログヘルプ 独自構文解説書 - NINJA TOOLS
  2. livedoor BlogのデザインをカスタマイズするWiki
  3. ざっと目を通してみた。実際にやってみないと分からないところもあるだろうけど、多分どちらもFC2と似たような使い勝手じゃないのという印象。
  4. run-10
  5. [PSP] Rcomage v1.1.1 - new RCO manipulation tool → Post#210

    何時か何処かで見た記憶があったので探してみたらこんなところに埋もれていたので拾っておく。

    some unknown values discovered. Please add them to rcomage.. to get the event values i looked inside pafmini, for others values i tested :)

    GENERAL (more that one element):onLoad → onInit

    BUTTON:

    • unknownRef22 → text
    • image2 → focus
    • unknownEvent24 → onPush
    • unknownEvent26 → onFocusIn
    • unknownEvent28 → onFocusOut
    • unknownEvent30 → onFocusLeft
    • unknownEvent32 → onFocusRight
    • unknownEvent34 → onFocusUp
    • unknownEvent36 → onFocusDown
    • unknownEvent38 → onContextMenu

    MLIST:

    • unknownInt16 → visible elements count
    • unknownInt18 → initial top padding count, has to be less that the visible elements. set to -1 (0xffffffff) to disable
    • unknownFloat20 → distance between items (default 24)
    • unknownEvent23 → onPush
    • unknownRef25 → onCursorMove
    • unknownRef27 → onFocusIn
    • unknownRef29 → onFocusOut
    • unknownEvent31 → onFocusLeft
    • unknownRef33 → onFocusRight
    • unknownRef35 → onFocusUp
    • unknownRef37 → onFocusDown
    • unknownEvent39 → onScrollIn
    • unknownRef41 → onScrollOut

    XLIST:

    • onMove → onCursorMove
    • onContext → onContextMenu
    • onCancel → onFocusLeft
    • unknownEvent29 → onFocusRight

    CLOCK:

    • unknownEvent26 → onDecide
    • unknownEvent28 → onCancel
    • unknownRef30 → onFocusIn
    • unknownRef32 → onFocusOut
    • unknownEvent34 → onFocusLeft
    • unknownEvent36 → onFocusRight
    • unknownRef38 → onFocusUp
    • unknownRef40 → onFocusDown
    • unknownEvent42 → onDigitSwitch

    ILIST:

    • unknownRef17 → onFocusIn
    • unknownRef19 → onFocusOut
    • unknownEvent21 → onFocusLeft
    • unknownRef23 → onFocusRight
  6. 5月集計。だんだんと雨の日が多くなってきた。
    • run-15 * 1 = 15km
    • run-10 * 16 = 160km
    • run-5 * 1 = 5km

    合計180km

  7. 来月号『』へ続く…。
公開: 2011年05月01日, カテゴリ: 雑念