スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開: --年--月--日, カテゴリ: スポンサー広告

Re: ゲーム起動画面 ランダム変更 プラグイン【RandomGameboot v0.5 by plum】

Googleリーダーの新着フィードを眺めていると目に留まった『MUGONでPSPやら』のゲーム起動画面 ランダム変更 プラグイン【RandomGameboot v0.5 by plum】に対する言及、というか補足(捕捉)記事として書いてみた。 RandomGamebootとはplum氏により開発・更新が進められているgameboot.pmfのランダム再生用のプラグインのことだ。改造した(非正規システムソフトウェアインストール済み)PSPの利用者以外には関係の無いお話。 現在の最新版であるv0.5はHomebrew Enabler 6.20TN専用とのことでスルーしていたが、gameboot.pmfの再生時間の設定に関してのみ何となく突っ込みを入れてみようと思ったわけ。と言うわけで手短に。プラグインの導入等については言及先を参照のこと。

delay.iniファイルによる再生時間設定

更新履歴によると、v0.4からGamebootの再生時間を設定ファイルで個別に指定できるようにしたらしい。以下に設定用のdelay.iniファイルの書式例を示す。

;gameboot.pmf再生時間設定
;foo.pmfの設定
foo.pmf
5000
2000
3000
;bar.pmfの設定
bar.pmf
2000
100
400
;baz..pmfの設定
baz.pmf
100
100
100
;更に追加したければ同様の記述をくり返せばよい。

上記例は次のように解釈されるだろう。foo.pmfが選択されたときの再生時間は約10000Msec(10sec)、bar.pmfが選択されたときの再生時間は約2500Msec(2.5sec)、baz..pmfが選択されたときの再生時間は約300Msec(0.3sec)である。これらの値の単位はミリ秒(milli sec)であり、1秒に対して値は1000ということになる。

更にこのプラグインの制限として、指定する値は100から10000までの範囲かつ、下二桁は0で固定すること。一つ分からないのが最大値についてで、指定できる値の最大値=10000とは一つの値についてなのか、それとも三つの値の合計値なのかということ。前者ならば最大で約30秒までのPMFファイル再生に対応できることになり、後者ならば10秒までとなる。readme.txtを読んだ限りでは前者(最大30秒)と受け取っているが試せないので分からない。

一応Twitterで開発者のplum氏に唐突にリプライをしておいた。

@plum_429 はじめまして、いきなりですがRandomGameboot v0.5について質問があります。readme.txtによると指定できるDelay値は100から10000までとのことですが、最大値は各項目を足した30000、即ち約30秒までということなのでしょうか?

…返事は期待できないが、何か判れば追記する。(たかだか140文字程度じゃあまともな会話なんかできないんだよな。まあいいや。)

追記(2011-02-16): plum氏よりこの記事のコメントで直接リプライを頂いた。…Delayの最大値は項目一つあたり10000で計30000、即ち約30秒のPMFファイルの再生に対応しているらしい。

続いてA型氏に対する(一方的な)言及。補足とも言う。

First Delay = 起動してから PSPロゴが表示されるまでの時間。

Second Delay + Third Delay = gamebootの再生時間。

これらの値(First~Third Delay)を、どうやって算出するのするのかは不明…難しすぎる・・・

First Delay = 起動してから PSPロゴが表示されるまでの時間。については間違っていないが、gameboot.pmfの再生時間は1stから3rdまでの合計値である。細かいようだがここは重要で、値によっては狙いの再生時間から大きくずれてしまうことになる。

gameboot.pmfの再生時間算出方法

私は他作品のPMFを利用する際の時間の算出はRCOファイルは確認せずにPMFファイルの再生時間を確認する。PCでPMFファイルを再生する方法で書いたとおりの手順でPC上で再生できる状態にしているので、直接再生して時間を見るわけだ。後はその再生時間の1000を掛ければそれがそのままDelay値になる。

他にもMMname2というコーデックチェッカーで調べることもできるし、AviUtlでも(たぶんコーデック(デコーダ)をインストールすれば)再生できるので、こちらなら更に詳細が割り出せる。

AviUtlで再生できる環境であればフレーム数が分かるはず。PMFファイルのフレームレートは29.97fpsなので、フレーム数を29.97で割った値が再生時間(秒)になる。これに1000を掛ければそれがDelay値だ。

例を挙げると、RandomGameboot v0.5の付録として同梱されているmadoka.pmfは148fpsなので、148 / 29.97 * 1000 = 4938となる。一応AviUtlで再生したときのスクリーンショットも撮っておいた。AviUtlでのPMFファイル再生画面のスクリーンショット(PNG画像, 485x419px, 101KB)

掘り出し物

もうかなり前のことだけど、PMFファイルを幾つか公開していてそれを見つけたのでここからリンクしておく。

いや懐かしいものが出てきたよ。全部BGM差替えたりセリフを切り貼りしているから少し印象が違って見えるんじゃないかな。興味あればご覧あれ。

関連するリソース

公開: 2011年02月16日, カテゴリ: 雑談・小ネタ・資料集

現在の書き込みは、-件です。

現在の書き込みは、5件です。

594 :plum:2011/02/16(水) 00:28:54 ID:-
どうも、plumです
設定ファイルでの最大値は各項目を足した30000であっています
説明不足ですみません
それと、藍色さんのRCOの構造記事は本当に分かりやすくて参考にさせてもらってます
RandomGamebootを作るにあたって、opening_pluginの記事がとても
参考になりました。これからも頑張ってください
595 :A型:2011/02/16(水) 08:54:14 ID:fXqQpIY2
ご指摘 ありがとうございます。

修正 及び Link の方させて、頂きました。
597 :藍色:2011/02/16(水) 23:29:13 ID:aV/dabIU
plumさん
 わざわざ直接のご回答を頂き有難うございます。早速記事に反映させておきました。プラグインの開発にあの記事が役立ったんですか、それは何よりでした。あのプラグインのアイデアは素晴らしいと思います。今後の更新を陰ながら楽しみに、そして応援しています。

A型さん
 いつも更新お疲れ様です。余計なお世話と思いつつも目に留まってしまい、そして興味が湧いてしまったので突っ込みを入れさせてもらいました。私としてはこうして情報の整理ができたので結果的に良かったんじゃないかなと思っています。
611 :flare:2011/03/25(金) 17:32:07 ID:WUo2Ynmc
ってえええ!
このジタンのPMF藍色さんのものだったんですか!
ほんとだ・・・投稿者が藍色さんだ・・・
以前発見した時にははまっていましたw

PMFの再生時間の算出はこのようにするんですね。
以前作ったときはVirtualDubか何かに読み込ませると左下にMsecで出たものをそのままrcoに書き込んでました。w
612 :藍色:2011/03/26(土) 05:44:46 ID:aV/dabIU
 flareさんもこのPMF使われてたんですか。はまってもらえたようで何よりで。あのエンディングからは他のキャラの分も作っていましたがジタンのだけ公開していたんですよ。再生時間が長すぎず使いやすいかなと思って。時間の算出はflareさんのやり方でも問題ないと思います。フレーム数から計算しても0.05から0.1秒程度の誤差が出てしまい結局微調整していますから。