スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開: --年--月--日, カテゴリ: スポンサー広告

CTF News! #30 The 3rd Birthday by patpat

  1. Endless Paradigmにてpatpat氏により制作されたCTFテーマ、The 3rd Birthdayが公開されています。

    更新: 2011-02-19

    • プレビューイメージThe 3rd Birthday
    • このテーマの対応システムソフトウェアバージョンはCustom Firmware 5.00/5.03/5.50/6.20/6.35系です。
    • ダウンロードは[Release]The 3rd Birthday 500/503/550/620/635(英語)にて公開されているのでそちらからどうぞ。
    • このテーマはRcomageを利用してアニメーション効果を付加されているダイナミックCTFテーマです。
    • patpat氏のテーマにはいつも何らかの新要素が実装されており驚かされますが、今回の作品もまた新たな仕掛けが数多く取り入れられています。
  2. 変更箇所一覧

    • coldboot(本体起動画面)
    • gameboot(ゲーム起動画面)
    • XMB操作音の変更
    • XMB背景
      • patpatメニュー(勝手に命名、詳細は後述)
      • クラシックウェーブのデザイン
      • 01-12.bmp(12枚、グラデーションの変更のみ)
      • スイートクッキー(ウェディングドレス)
      • テーマ設定を『標準』や『クラシック』に切換えると様々なコスチュームに身を包んだアヤ・ブレアが出現
    • ビジーアイコン、ボリュームバー、インフォバー、ボタンナビゲーション
    • OSK(文字入力画面)
    • USBモード背景
    • オプションメニュー全般
    • オプションメニュー内の情報表示画面
    • オプションメニュー内のデータ削除画面
    • 以上に挙げた項目のほぼ全ての箇所へのアニメーション効果の追加
  3. このテーマの見どころ

    • XMB背景: 参考画像(PNG画像, 480x272px, 330KB)XMB背景
      • 背景に絶えずアニメーションにより表示されているNEW YORK CITYTHIRD BIRTHなどの文字列、これが凄い。
      • これらはsystem_plugin_bg.rcoファイルに新たに追加された多数のImage要素群により構成されています。
      • 最初はRecolour要素で表示を切換えているのかと思いましたが、Image要素を見る限りどうも腑に落ちませんでした。どう考えてもRecolour要素ではこのような表現が再現できないからです。
      • そこでリソースをDumpしてXMLファイルのアニメーション部分を見てみると全てを理解することはできませんでしたが何となく納得はできました。
      • それら一連の切換えはRecolour要素ではなくSlideOut要素で表現されていました。
      • SlideOut要素は詳しい仕組みが理解されておらず実装されているテーマは皆無と言っていい状況でしたが、とうとうpatpat氏が実装してくれたようです。
      • 私はこの要素について詳細を説明することはできません。一応私もSlideOut要素をテーマに実装させたことはありますが、このテーマとは全く異なる使い方になっています。
      • 個人的な印象ではSlideOut要素はResize要素と似ているような印象です。
        • Resizeが対象を拡大縮小するのに対しSlideOutはまるで対象を引き伸ばしたり押し縮めたり…と。
        • もう少し言うならSlideOutは対象の『大きさ』を保持したまま中身を変化させるかのような…。上手く表現できない。まあいいや。
      • これらのアニメーションも多分ですがRCO-SPTを活用されているのでしょうか。私はいまだに理解していないのでよく分かりませんがあれはとても手打ちでできるとは思えないので。
        • 最近のテーマのアニメーションは「これを手打ちでやったら」というつもりで見るとどれも頭から煙を吹いてショートしてしまいそうになる。それはさておき。
    • patpatメニュー
      • この名称は私が勝手に命名したもので全然全く正式名称ではありません。正確にはトップメニューアイコンのことを指しています。
      • 画面最下部に表示される各カテゴリメニューはtopmenu_icon.rcoに保存されているImage要素ではなくsystem_plugin_bg.rcoファイルに追加されたText要素で構成されています。
      • topmenu_icon.rcoファイルには選択中のカテゴリを示すフレーム用の画像が1種類保存されているのみです。
      • 詳しい仕組みはすっかり忘れてしまいましたが、PRXファイルを編集してフォーカス、アンフォーカス時の座標を変更するとかしないとか…。
      • まあとにかくこの方法だと大幅に容量を節約することができ、その分背景に追加できる画像が増やせるわけです。
    • 3Dビジーアイコンビジーアイコンの元画像
      • XMB背景画像の右下辺りに表示されている球体状のオブジェクトがビジーアイコンです。
      • これは100x100pxサイズの円の画像を組み合わせて表現されています。原理は複数の面を組み合わせたキューブと同じです。
      • 理屈は分かるのですが、実際にそれを具現化させられるpatpat氏の想像力と創造力には毎度毎度驚かされます。
    • Fadeトリック
      • 先日記事で紹介したツェネダ氏制作の『GoldenWitch』と同様の手法ですが、このテーマもフォト・ミュージックカテゴリの情報表示画面に追加要素を表示させています。
      • あまりに自然な表現に恐らくほとんどのユーザー(制作者含む)が気付かないのではないでしょうか。高度なことをしているのにそれを感じさせないこのさり気なさは私も見習いたいものです。
  4. 若干雑感

    • patpat氏と言えばCTF ToolやRCO-SPTなどテーマ制作に関わる便利なツールの開発者として有名ですが、非常に独創的かつ高水準のテーマをいくつも制作されています。
      • CTFテーマ制作者でCTF Toolの恩恵を受けているユーザーは知らないはずは無いでしょうけど。
    • 先日GoldenWitchを見て数多くの新要素に驚かされ、もうこれ以上の新要素は無いだろうと思っていましたがここへきてこれだけの発見をさせられるとは。
    • patpatメニューは使い勝手が良く個人的に真似したいものの筆頭と言えますね。と言うか実際真似しちゃってますが。
    • このテーマは時期的にまるでクリスマスプレゼントのようなテーマですね。今回も楽しめた上に得るものが多い素晴らしいテーマだったと思います。
    • それはそうと、『The 3rd Birthday』ってもう発売されていたんですね。全然気付きませんでしたよ。
      • 故障したUMDドライブをいまだ修理せず(もうする気が無い)、最近PSP™ゲーム(と言うよりゲーム自体)から遠ざかってしまっていますが、これはぜひプレイしてみたかったものの一つなんですよね。
      • 他には『タクティクスオウガ』もそうですし、UMDドライブ壊れたことに気付かない時に購入した『ヴァルキリープロファイル-レナス-』なんかプレイしていないのに埃をかぶってしまって…、もう残念で残念で。それはさておき。
      • 何かGoogleリーダーチェックしてたらCustom Firmwareで既に起動できるようになっているだとか。
      • 仕方ないので私はのんびりPOPSでもプレイすることにします。『Xenogears』はいいな。何度プレイしても面白い。そう言えば『聖剣LoM』もあったな。いやいやPS3にもかなりの数の積みゲーが…〆
  5. patpat氏の他作品

    • 『空の境界』が元ネタのkara box
      • 面の組み合わせにより立方体を再現したキューブアニメーションpatpatメニューを最初に実装したテーマです。シンプルに見えてかなり奥が深いテーマです。
      • これもいつか記事を書きたいと思っていたものの一つ。そのうちしれっとリンクしておくつもり
公開: 2010年12月24日, カテゴリ: CTF News!

現在の書き込みは、-件です。

現在の書き込みは、9件です。

566 :ツェネダ:2010/12/25(土) 01:05:50 ID:JBFGtPPo
すごいテーマですよね。
設定のオプションメニューもこの作りの方が効率良いのかも。
今回も色々と参考になる部分が多いです。
567 :のおきえ:2010/12/25(土) 11:02:42 ID:sSHoJftA
6.20HEN用のcxmbとそれに対応した6.20用テーマがpatpat氏のブログで公開されてますね。
ctftool_guiの6.20対応版とか出るんでしょうかね
568 :藍色:2010/12/26(日) 00:08:40 ID:aV/dabIU
 ツェネダ さん
本当にいつも斬新な手法でテーマを制作されていますね。しかもツール開発者としても活躍されていますし。そう言えば、設定カテゴリ内のオプションって何か特別なことしていました? 私は気付けませんでしたが。

 のおきえ さん
既に他所のblogで話題になっているようですね。いくらなんでも速すぎるので、水面下で開発されていたのでしょうかね。CTF Toolの方も更新が期待できそうですね。

追記
どうやら年内にはv4.4公開されるかもしれませんね。
http://endlessparadigm.com/forum/showthread.php?tid=25428&pid=340710#pid340710

"I will release CTFtool v4.4 in the last few days." だそうなので。
ただし"It can creat 620ctf and convert some prxs but not for ctf convert."ですか。
まあこれは仕方ないでしょう。versionがかけ離れていますから、かなり変更されているはずでしょうから。
569 :のおきえ:2010/12/26(日) 01:37:26 ID:sSHoJftA
年内ですか、結構楽しみです。6.20でctf作ったりと試してますが
6.20はオフセット分からないのでctftoolに期待しておきます。ありがとうございました。
570 :ツェネダ:2010/12/26(日) 11:00:42 ID:JBFGtPPo
ちゃんと試したわけではないのですが、設定のMList背景に画像を仕込む際、XList部分の画像をオプション開いたときだけ表示させるために、自分はonActivateやonFocusIn,Outを使っていました。でもこのテーマではonInitの連続命令だけで全て処理しているようです。
あと自分も質問なのですが、Object="nothing"って書くと対象は何になるんでしょう?
571 :藍色:2010/12/26(日) 13:36:04 ID:aV/dabIU
 てっきりツェネダさんも同じ手法だと思い込んでいてチェックしていませんでしたが、onFocus系のイベント属性を利用していたんですか。と言う事はあのカーソル移動時のアニメーション、あれもXList要素内のどれか(onMoveとか)にイベントハンドラ(処理命令)を記述して処理させていたんですか。
 私は多分patpat氏と同じようにonInit,onLoad属性(公式には同じというアナウンスは出てないのでこれで)を利用していたんですけど、あれって要は画面遷移を-- 例えば『ビデオ設定』と『フォト設定』のような --せずにメニュー切換えていますが内部的には異なるPage要素ですよね。なのでそれぞれのPage要素内にイベントハンドラを記述しておけばそれぞれのイベント実行タイミングで有効になる。…上手く表現できないですね。ちょっと書き方変えてみます。

Page name="page_video_config"
 ここが第二階層アイコンが表示されるXListページになり、このPage要素の子要素のどれでもいいのでonLoad属性に非表示命令を実行させるためのイベントハンドラを記述しておく(Page要素及びXList要素は既に別のイベントハンドラが存在するため利用出来ない)。

Page name="page_video_config_menu_lang"
 ここが第三階層の各設定項目メニューであるMList要素が有効になるページで、ここは丁度Page要素のonInit属性が空いているのでここに表示命令を実行させるためのイベントハンドラを記述しておく。

 ここで重要なのは必ずFireEvent要素でループ処理させること。さもなければ異なる命令が干渉し合い上手く実行されないはず(私が試した限り、ですが)。
 このネタはFadeトリックの解説記事か何かで取上げるつもりでしたけどね。

 Object="nothing"ってpatpat氏がよく利用されているやつですね。あれは私にもよく分からないです。あれが記述してあるPage要素内の『全て』が対象になるのか、それとも記述した『要素のみ』が対象になるのか、などといった想像はしていますが。ただあのような記述をしなければ表現できないものなのかと言うと疑問なんですけど。
 あと、うろ覚えですけど『Little Busters!』のどこかでこれ使っていませんでした? 何となくそんな気がしていたんですけど。気のせいかな。
572 :ツェネダ:2010/12/26(日) 14:49:56 ID:JBFGtPPo
なるほど、ループアニメーションでうまく収められるものなんですね。似た方向に考えたりもしたのですが、その答えには至れませんでした。

自分は色々試した際、いくつかFireEventで出してもフリーズしないnative命令があったので、それを利用していました。FocusOut,Inでも多分ほぼ同じことができると思います(書くのが面倒臭いです)

GoldenWitchではアニメーションのトリガーを色んな所に仕込んでたりします。
誰が気づくんだろうって所にもいくつか・・・。
リトバスの時のは、何となく使ってみて動いたからいいやって感じのヤツですねw
573 :藍色:2010/12/27(月) 00:19:27 ID:aV/dabIU
 何となく名前から効果を想像することはできますけどね。解説については今のだらだらスタイルのお陰で記事を書くスピードがかなり上昇しているのでその勢いに任せて記事を書いていきたいと思っています。後は、一つの記事にあれもこれもと詰め込むのをやめて、たとえ短くてもキリのいい所で切り上げるようにすれば読者としても分かりやすいのかなとか考えてますけど。

 誰が気付くか分からないところに仕込みですか。…私そういうの大好きなんですよね。何か発見できたら記事に追記しておくことにしよう…。
574 :ツェネダ:2010/12/27(月) 00:49:21 ID:JBFGtPPo
おお、小ネタ集復活ですか。あれ好きですw
ちょっとした情報からよさげなアイデアが生まれることは多いですからね。