スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開: --年--月--日, カテゴリ: スポンサー広告

CTF News! #26 V1animated part 2 (unfinished) 5.50 by Vegetano1


テーマプレビュー: V1animated part 2

皆さんこんばんは、CTF News!をお送りします。約一年前にCTFテーマ制作の概念を根底から覆した衝撃のテーマ、『V1animated』の制作者であるVegetano1氏より新作のCTFテーマ 『V1animated part 2』 が公開されています。このテーマのダウンロードはEndless Paradigmの[unfinished][550gen]V1abから行えます。対応システムソフトウェアバージョンはCFW5.50系で、各所にアニメーション効果の付加されたダイナミックCTFテーマです。相変わらず他の追随を許さぬ完成度の高さですが、制作者本人曰く未完成とのことで、以下本人のコメントを引用します。

uploaded the unfinished V1animated part 2,. ;p TSENEDA made the opening and the game option menu. I had nevar finished the theme,..

(中略)

unfinished,. hold screen, busy icon and infobars,. some other stuff last edited stuff,. text main menu, ptf and some other stuff ;p

変更箇所一覧

『V1animated』をベースに大幅な変更が加えられています。

プレビューイメージギャラリー

coldbootPSP起動画面 (奥行きのある波のような表現です) topmenuトップメニュー on screen kyeboardOSK (CTFで表現できる限界に迫っているすごい表現です) music control panelミュージックカテゴリ内の操作パネル (謎のキャラクターが可愛らしく動き回ります) option menuオプションメニュー usb modeUSBモード (データ転送時のアニメーションはインパクト大です) gamebootゲームブートはもうお馴染みですね

Vegetano1氏の手がけたテーマは数多くのテーマ制作者に影響を与えているのではないでしょうか。勿論私も影響を受けていますし、一時期はV1aに対抗しうるテーマを作ってやろうと考えていたものです。それはさておき、V1animatedについてはRcomageの秘めた可能性にて少し触れており、記事の日付を見てもらえば分かりますが、既に一年以上前に公開されたテーマです。そして、このテーマの登場をきっかけとしてRcomageが正式版としてリリース(元々V1aの制作はRcomageのテストも兼ねていたらしい)されてから約一年、実に様々なRcomageを活用したテーマが公開されてきました。それでもなお、飽くまでも私の主観ですが、V1aの完成度の高さは今見ても他に比肩し得るテーマは数少なく、そしてとても太刀打ちできる気がしません。CTFテーマ利用者でこのテーマを知らない人は今回紹介したものと合わせてぜひ一度試してみることをお勧めします。

さて、V1animated part2ですが、基本的にV1aベースなので共通点は多いですが、一番大きいのはイメージカラーが青から黄に変わっていることでしょうか。unfinishedとのことなので操作音が変更されていない点や、V1aで変更されていた箇所がデフォルトに戻っている箇所があったりと気になる点は幾らかありますが、一番気になったのはビジーアイコン、何故あのキャラクターなんでしょうか(ファンなのかな?)。そして何故unfinishedなのか? これは本人のみ知るところでしょうが、もしかしたら自分のイメージが具現化できないところまで到達してしまったのかも知れません。Rcomageで自由度は以前までと比較にならないほど広がりましたが、だからといって何でもできるわけではありません。普通に変更するだけならそう簡単に天井にぶつかるものでもありませんが、当然ながら限界があります。恐らくは画像が表示されないといった類のリソース不足とはまた異なるもの、例えばPlane要素の過剰な追加やAnimation要素を何重にも絡ませることによる動作遅延やフリーズなどではないかと。勝手な想像ですけど、と言うかこれは私の体験談ですが。少し余計な想像を膨らませすぎました。

しかし未完成と言えど非常に高い完成度で多くのCTFユーザーにお勧めできるのは間違いないでしょう。ではでは〆

追記: 2010-11-22

みひぽんさんのコメントより、

ちなみに、言語設定を英語にするとオプションメニューが本来の表示になるようです。


参考画像

とのお知らせを頂き、早速試してみました。言語設定を「English」に設定すると参考画像のとおりの制作者の意図した表示になります。何故「Japanese」においてあのような表示になるのかは展開してないのでよくわかりませんが(PRXファイル絡みとしか考えられないか)、一連のアニメーションは必見です。参考画像はトップメニューにおいて呼び出したオプションメニューですが、他にゲームカテゴリ内でのオプションメニューでも違うアニメーションを見ることができます。

また、ツェネダさんのコメントのお陰でVegetano1氏のコメントのTSENEDA made the opening and the game option menu.の意味がようやく理解できた気がします。

更新: 2010-11-22

公開: 2010年11月21日, カテゴリ: CTF News!

現在の書き込みは、-件です。

現在の書き込みは、3件です。

527 :みひぽん:2010/11/22(月) 01:18:11 ID:SFo5/nok
個人的には前作のほうが好きかなぁ
とにかく、デザインのセンスが羨ましいです。
ちなみに、言語設定を英語にするとオプションメニューが本来の表示になるようです。
528 :ツェネダ:2010/11/22(月) 02:02:06 ID:JBFGtPPo
八月の後半あたりに少し手伝ったのですが、その時に「ネタが浮かばない!」というようなことを聞きました。
それからあまり進行していないみたいですし、モチベーション的な問題なのかもしれませんね。
いずれにしろこの状態で公開してしまうということは、完成品を拝めるのはしばらく先のなるのかも・・・。
V1氏の新作で、すばらしいテーマなだけになんだか少し寂しい気持ちになります。
530 :藍色:2010/11/22(月) 22:46:04 ID:aV/dabIU
@みひぽんさん
前作はあまりにも完成されていましたからね、私もとても気に入っています。オプションメニューなんかは今作はかなりの気合が入っていますね。あと、情報有難うございます、追記させてもらいました。何か違和感は感じたものの言語変更の発想はなかったです。

@ツェネダさん
舞台裏でそのようなやり取りがあったんですね。その流れであれば私はVegetano1氏に非常に共感してしまいます。もちろん一方的なもので見当外れかも知れませんが、"sorry i did't finish the theme" というコメントを見ると尚更。