スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開: --年--月--日, カテゴリ: スポンサー広告

この一年を振り返って

この記事が投稿された時点で、最初の記事を投稿してからちょうど一年が経つ。私にとっては始まりの日であり節目となる日であるので、この一年のブログと自分の意識の変遷を振り返ってみることにする。

二つの転換期

一年を通して自分の考え方、そしてそれに伴うブログの変化を振り返ると転換期と呼べる時期が二回ほどある。一つはブログを始めて半年ほど経った頃に、もう一つはそれから更に半年ほど経った頃に、つまり今ぐらいの時期だ。

一つめの転換期

一つめは過去記事修正中という記事として記録に残っている。この辺りから記事の書き方に変化が現れ、またそれ以前に書いた記事についても徐々に修正を行なっている(全てではないが)。これとは別に気付けばあれから半年が過ぎという記事を書いているが、ここではブログ運営に対しそう大きな変化はない(それにこの記事の「半年」はまた違う意味だ)。

今だから言えることだがこの時期は迷走期である。中途半端に(ほんとうに中途半端に)HTMLの知識をつけたことで今から見るといろいろとひどいことになっている。HTMLの知識と言ってもこの時点ではまだ文書構造を意識したマークアップなんてものは全く出来ていない、中途半端すぎて話にならないものだった。CSSに関しては判っていないというより全く興味を示していなかったわけだし。実際にはstyle属性を使ってスタイル指定をしていたわけだが(これは非推奨の手段XHTML1.1において非推奨)、当の本人(私)はそれが何なのか理解しないままに利用していたわけだ。

そんなわけでこのスタイルは当分の間続く(後々大きく後悔することになるとも知らずに)。

二つめの転換期

遡ると8月頃から緩やかな兆しはあったが、はっきりと分かる変化の始まりは10月に入った頃だったろうか。それまで中途半端だったHTMLとCSSの知識をしっかりと勉強して深めていきたいと考え始めた。始めは「HTML」だとか「CSS」だとかのキーワードで検索してヒットした上位サイトで勉強し、それから関連する本を何冊か購入して一通り目を通し、そしてまたいくつかのサイトを閲覧して今この記事を書いている時点では『W3Cの仕様書を読もう』と言う考えに至った。もちろん個々の解説サイトは今でも参考にしているがそれでも目は通しておくべきだと思った。とは言え、あの量の英文を読むとなるといつまで掛かるか分かったものじゃないので邦訳されている分は有り難くそちらを参照させてもらっている。今はHTML 4.01 仕様書を読んでいる。

さて、ブログの方はと言うと上記の件に伴いまた過去記事修正を行なっている(最近は中断しているが)。

記事にする内容について

以前から何度か述べた覚えがあるが、私は最初の記事で次のように述べている。

このブログでは、管理人の興味のあることについて取扱っていきます。いろいろと興味はありますが、当面の間はPSPXMBカスタマイズ関連を中心に記事にしていくつもりです。

このことはかなりの間考えが変わることはなかったが、2,3ヶ月前から次第に変化していき、今はもう大体方針は固まっている。このブログでは現在取り扱っていること以外のことは記事にしないことにした。この件に関しての心境は以前Twitterにて発言しているが既に削除してしまっているため(Web上のキャッシュも発見できず)、信憑性に欠けるが当時のメモがまだ残っていたのでそこから全文を掲載する。

@k_irby 私も名前変えて始める方向で検討することにします。確率は低いでしょうが、何かの縁で出会うことがあれば面白いでしょうねw ちなみにジャンルは"何でもアリ"な雑食系にするつもりです。ホントは今のブログをそうしたかったんですけどね

ちなみに言っておくと、結局この後新しくブログを始めたりはしていない。今はまだ実験と勉強を兼ねてローカルでHTML文書を作成しているだけ(藍色通信の記事を書き直したり自分用の資料を作成したり等)。

なので結論としては、ここでも今後記事は投稿するがその内容は限定される、ということになる(この記事は例外として扱っている)。

記事を削除することに対する自分の考え

元々私は記事の削除(やサイト閉鎖)に対しては『別に構わない』という考えを持っていたが、それについては『文章を書くのはムズカシイ』中の文中の注釈[*6]に対する2010-10-30 補記で述べている通り考えを改めている。

正確に言うと「記事」は削除しておらず中身を空っぽにしてしまっているわけだが、内容を参照できないという点では同じこと。書くのも消すのも軽率だったと思っている。今後は内容の修正についても必要に応じてdel要素,ins要素を使っていく方針。

そして現在の心境

こうして振り返ってみると自分が何度も考えを改めているのがよく分かる。今は良いと考えて実行している事も時間が経ち再び振り返ればまた「あの時の自分は間違っていた」と言うのだろうか。多分、いや必ず言うだろうな、私なら。今後もこうして考え方を変化させながら前進したり後退したりして続けていければいいんじゃないかなとか自分に言い聞かせたところで今日は〆

更新: 2010-12-06

公開: 2010年11月11日, カテゴリ: 雑念