スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開: --年--月--日, カテゴリ: スポンサー広告

target="_blank"を使うか否か

最近Another HTML-lint gatewayというサイトでこのブログのHTML文書の文法の採点をしてもらいました。採点結果(PNG画像, 864x230px, 24KB)を見ると、ご覧の有様で、100点満点中マイナス367点を獲得しました。何故そこまでマイナス査定されているのかと思い、膨大なチェック結果を見ていたら気になる点がありました。以下その部分の抜き出しです。

<A>のTARGET属性は、その利用自体が薦められていません。

A要素のTARGET属性といえばtarget="_blank"しか使った事がありませんが、これは指定したリンク先を新規ウィンドウで開くためのものです。私は今までtarget="_blank"は(例外はありますが)別サイトへリンクしたときに使うようにしていました。今まで何の疑問も持たず使ってきたものが非推奨だった...何故なのだろうか? 興味を引かれたので少し調べてみました。

更新: 2011-02-01

自分はどんな場合に使っていたか

このブログでは主にブログ内へのリンクに対してtarget="_blank"は使っていません。そのウィンドウでリンク先のページを表示させます。例外はページの途中でツールの使い方の説明でリンクしているときは別ウィンドウで表示させるようにしています。外部リンク(藍色通信以外)はtarget="_blank"を使って別ウィンドウ表示させています。例外はサイドカラムのCTF wikiだけだったと思います。他には画像挿入の際に自動でtarget="_blank"が付加されます。これはFC2ブログのエディタの機能によるものです。

Webユーザビリティの観点から

ユーザビリティとはある製品やサービスなどに対する利用のしやすさということらしく、つまりはそのWebページが見やすいかとか使いやすいかというようなものではないかと私は認識しています。リンクをクリックする度に別ウィンドウが開くのはユーザビリティを損ねる行為だということでしょうか。確かによそのブログなんかでページの最後にそのブログ内の関連ページのリンクが別ウィンドウで開くのは鬱陶しく使い辛さを感じてしまいますね。

ユーザーに委ねるべき?

リンクされたページにどうアクセスするかはユーザーが自由に選択するべきでありユーザーの意図に反して動作を強制するのはよろしくないという内容を書いているページもありました。ここで初めて知りましたが、Shiftキーを押しながらクリックすることで別ウィンドウで開くことができるんですね。今まで知りませんでした。確かにこれを知っていれば『別に開きたいときはこちらで勝手にやりますよ』っていう意見も出るでしょうね。知っていれば。でもこれって知っていて当然なレベルのものなんでしょうか?

自分はどう思うか

よそのサイトを閲覧していると気付きますが、自サイト内へのリンクは現在のウィンドウで、外部サイトへのリンクは別ウィンドウで開くようにされているものが大多数を占めているように感じました。自分の場合現在のウィンドウで開きたいか別のウィンドウで開きたいかはそのとき閲覧しているページによります。現在のウィンドウで開きたい場合は、

私が思い付くのはこのくらいです。最後のは少し言い方悪いですが正直な気持ちです。これ以上見る気が無いのに別ウィンドウで開かれるのは鬱陶しいだけだと思ってしまいます。では次に別ウィンドウで開きたい、今のページを保持しておきたい場合ですが、

最後のは入力情報を保持していれば良いですが、元のページに戻ったら全て白紙になっていて最初から入力しなおす羽目に遭ったことがあります。自分の主観で考えるとこのように分類することができます。

参考: HTML5の場合

W3CHTML5 differences from HTML4というページにこんな記載がありました。参考の為に以下に引用します。

3. Language

3.2. New Attributes

The base element can now have a target attribute as well, mainly for consistency with the a element. (This is already widely supported.) Also, the target attribute for the a and area elements is no longer deprecated, as it is useful in Web applications, e.g. in conjunction with iframe.

(a要素との一貫性を持たすため、base要素にtarget属性を使用できます(これは既に広くサポートされています)。そしてa要素とarea要素におけるtarget属性の使用は非推奨ではなくなりました。これは例えばiframeを利用したウェブアプリケーションの役に立つためです。)

結論: このブログではどうするか

いろいろと調べてみて私は、この件は議論も重ねられていますがこれが正解という結論は出ておらず、結局はWebサイトの管理運営者が各々の考えるようにすればいいと思います。それでも使いどころは考えた方がいいとは思いますけどね。以下に私の考えるこのブログ内でのtarget="_blank"について纏めてみます。

全般
アンカーリンクを使用している箇所は判別しやすいようにアンダーラインを引くようにCSSで設定します。
ブログ内リンク
今まで何度かtarget="_blank"を使ったことがありますが、今後一切使わないようにするつもりです。過去記事も分かる範囲で遡って修正しておきます。
外部リンク
私自身がよそのサイトを見て感じていることですが、そのページに用があればまた訪れるし用がなければすぐに閉じます。と言う事でこちらもtarget="_blank"を排除していきます。例外はそのページが基点となるようなときなどでしょうか。どういう場合に使うかは私の主観に依りますが、別ウィンドウで開くリンクは注釈を加えてそれと分かるようにしておきます。過去記事には順次適用していきます。例外なしに今後一切使用しないつもりです。
画像
基本的にはa要素は使わないようにするつもりです。大きい画像を縮小表示していて、それを元の大きさで表示させたいときはa要素を使いますがtarget="_blank"は使わずJavaScriptで現在のページを切り替えずに表示させるようにしていきます。JavaScriptを使用しない環境については考慮していません。JavaScriptを無効化しても表示はされるので問題ないと思います。あと、今後はJavaScript無効化している場合でもアクセス性に影響が出ないよう配慮していきたいと思います。
ダウンロードリンク
今までどおりtarget="_blank"を利用します。使用しないようにします。

追記

2010-11-23

興味深い記事を発見。 趣味のWebデザイン | リンクの target 指定 より一部引用。

「閲覧者の自由を狭めない」というのはユーザビリティの基本的考え方の一つだけれども、これに対して「ユーザのしたいことを先回りして準備する」こともまた、製作者には求められている。ユーザが「他サイトへのリンクは新窓で開きたい」と考えているならば、製作者側でその希望を実現することが「ユーザの利便を向上する」ことになる。リンク target 問題の争点は、製作者が target 指定すると、ユーザの選択肢がなくなることだ。しかしユーザが通常のリンク参照と同等の簡単操作で新窓を開くためには、ある程度の勉強が必要だ。そして多くのユーザは、「(自分は何も努力する気が無いが)製作者には何とかしてほしい」と思っている。

この記事の本文 ユーザーに委ねるべき? に似ている。文書を公開する側(製作者側)が先回りして「ユーザーの役に立つだろう」と考え提供するものには時としてユーザーの選択肢を奪う(自由を狭める)場合もあるのかも知れない。この例のように。

2011-01-22

JintrickのマイクロWeb日記, 2010-2011 冬 - 8 December 2010より。捕捉、あるいは補足。

この何を今更的な問題。「別窓」とか懐かしすぎる。俺は数年前にユーザーテストをした。5人くらいのど素人を対象にして。結果は明白。真っ黒だ。なぜなら「別窓」が開いたことを理解できなくて、「戻る」が機能しなくなったんだよ。まあそういう先行研究みたいなものはたくさんあって、一応確かめただけなんだけど。ハイパーテキストブラウザの「戻る」が機能しないというのは、送受信できないメーラみたいなものだろう。そのアプリケーションで一番大切なGUI部品が機能しないということだから。で、パワーユーザに対してはその自由を奪うわけだろう。勝手にウィンドウを新しく開かれるとか、余りにもうざすぎる。それに対して利点っていったいなんだ? もうね。あり得ないレベルだね。センスのかけらもないよ。

そもそもだ。そんな問題点とか欠点とかが顕在化する以前の問題として、本質的に明らかにおかしいと俺は確信していた。ウェブのリソースを利用する媒体は不明なのに、「target」も糞もないんだよ。シングルタスクなデバイスだって沢山あるんだから。HTMLは媒体に対して出来る限り中立であることが望ましいわけで。

そもそも『別窓』で開いたことに気付かないのか。ウィンドウを最大化表示している場合、元のウィンドウを覆い隠すように戻れない『別窓』が開き、ユーザーは戸惑ってしまう、と。普段無意識に、そして頻繁に使われている機能が突然使えなくなる(戻れなくなる)のだから初心者は戸惑うし、また鬱陶しがられるものなのか。

ただ、このtarget="_blank"を利用しているWebサイトは非常に多く、初心者の頃からこれに慣れてしまったユーザーにとっては既に刷り込まれてしまっている者が大多数なんじゃないだろうか。慣れてしまえばリンクとはそういうものだと思い込んでその状態に適応してしまうんじゃないかと。それが良し悪しはひとまず別にして現状はそんな感じだと思う。

まあかつて(blogを始めるより以前)の私がそうだったという話なんだけど。新しく開いたら(鬱陶しいけど)閉じればいいやって思っていた。

2011-02-01

素人はいつまで素人なのかより。上記の続きの話。

私の母の場合、最初は「別窓」に戸惑ったけれども、3日でそれには慣れてしまい、その後はむしろ、特定の場面でサイトの製作者が「別窓」をあらかじめ指定していることを「親切だ」と感じるようになりました。いったんそうなると、「適切な別窓設定」をしていないサイトを「不便だ」と思うようになります。そうして、母は「親切」なサイトを好み、「不便」なサイトを敬遠するネットユーザーになりました。同様の例は、大学の同級生をはじめ、私の周りにいくつもありました。

で、母や同級生のように慣れることができない人は、そもそもウェブサービスに対する親和性が低いし、パソコンにもなかなか親しめない。それが社会の真の多数派なら対策を考える価値もあるけど、じつはそうでもないらしい。私が入社した2002年の段階で60歳を過ぎて延長雇用になっていた先輩方も、target で新窓が開くのを少しも苦にしていませんでしたし、70歳くらいの伯父も、そういうの平気。

とすると、「間口を広く」と考えて、「ど素人」が迷わないようにするよりも、多少間口を狭めてでも「便利」にする方が、サイトの運営者にとって利益が大きいと予想できます。サービスに魅力があれば、人々は多少の壁なら乗り越えてみせるし、いったん障害を突破すれば「便利」な方が魅力的だ、と思うようになるのですから。

少し前に自分の周りの人にこの『別窓で開くリンク』について尋ねてみた。相手はWebページの閲覧はあまりしない人でWebブラウザについても自分が何を利用しているか分からないくらい(Internet Explorerみたい)。それで、尋ねてみたらまず『別窓』を理解してくれなくて困った。でもまあ説明したら何となく分かってくれたのか 「ああ、そう言えばそんなのあったな」 という反応が。それから 「別窓が開くのと開かないリンクはどちらの方がいい?」 って訊いてみると 「そんなこと気にしたことが無い」 そうな。「新しく開いたら古いのは閉じればいいじゃない」 と。それよりそんな事を訊いてくる私が変人扱いをされてしまった。

数人にしか訊いてないけど皆似たような反応を返された。 「何でそんなことを気にするの?」 って不思議がっていたのがやけに印象に残った。

私の周りの人が特殊なのかもしれないけど、リンク先をどうしても現在のタブで開きたいと思っている人なんて、ほとんどいないんじゃないか。新タブならいいけど新窓は嫌だ、てのは割と聞くけど、Sleipnirなどの「絶対に新窓が開かないタブブラウザ」を紹介したら、たいてい満足されました。

現状はその通りだろうと思う。大多数はそういうことは気にすることなく『慣れて』いるのではないかと。ちなみに私がその時話をした知人にIE以外のブラウザを勧めてみると、 「いや、そういうのいいから」 という反応を返されましたとさ。いや、別に誰がどのブラウザ使おうがどうでもいいんだけど。私だってIE使っていた時期にそういう話題を目にしたら 「本人の好きにしたらいいじゃない」 って相手にしなかったわけだから。

ただ、それは利用者の視点での話で、私はそういうことは今は考えずにHTMLは媒体に対して出来る限り中立であることが望ましいわけでとのような考えでHTML文書を作成するようにしている。つもり。もともと、HTMLはどんな環境でもWebの情報を利用できる(環境に依存しない)ような形でコンテンツを提供するために開発されたもののはずだから。

きっと、この話題は今後も続くんだろうな。

ついでに、Jakob Nielsen博士のAlertboxから新・ウェブデザインの間違いトップ10より、これに関連したとても印象に残った文章を引用しておく。これは痛快。

新しいブラウザ・ウィンドウを開くというのは、訪問するやいなや、お客様宅 のカーペットに灰皿の中身をぶちまけて歩く、真空掃除機のセールスマンにひとしい。勝手にウィンドウを開いて、私のモニタを汚染するのはやめてもらえないかね、頼むから(特に現在のオペレーション・システムは、おそまつなウィンドウ管理機能しか提供していないのだから、なおさらだ)。新しいウィンドウが必要だと思ったら、自分で開くよ!

参考リンク

公開: 2010年08月12日, カテゴリ: Web

現在の書き込みは、-件です。

現在の書き込みは、10件です。

451 :ツェネダ:2010/08/13(金) 19:52:25 ID:JBFGtPPo
外部リンクは新規ウィンドウでもいいかなーとも思いますが、自分で開けばいいって話なんでしょうね。

http://endlessparadigm.com/forum/showthread.php?tid=23485
既にご存知かも知れませんが、テーマコンテストをやろうぜって話みたいです。まだ参加者募集中みたいですし、モチベーション上げたい人にはいいかも。
452 :ビィト:2010/08/13(金) 21:49:44 ID:M2M4yCyc
おっしゃっているコンテスト、おもしろそうですね。
初心者の僕には縁の無いコンテストですが、知っている方が参加なさるのでしたら応援させて頂きます。

ツェネダさんは参加する予定はあるのでしょうか?
453 :ツェネダ:2010/08/13(金) 22:06:47 ID:JBFGtPPo
面白そうなんですけどね。
環境的な問題もありますし、今から考えて作り始めたら完成はいつになるやら・・・
なので様子見してます。何か閃いたら特攻するかも知れません。
454 :藍色:2010/08/14(土) 21:39:16 ID:aV/dabIU
けっこう前の話みたいですね、Misc Discussionは見てないので全く知りませんでした。
いつ開催するかとか具体的なことはまだ決まってないみたいですね。

これは面白そう...
自分の作ったテーマがどこまで通用するか試すにはもってこいですね。
開催されたらテーマ作成打切って投下してみようかな
(何気にツェネダさんの名前も挙がってますねw)
455 :ツェネダ:2010/08/15(日) 01:10:24 ID:JBFGtPPo
何か書き込もうかと思ったんですけどね。
雑談とか、やんわり断ったりとかできる自信がなかったので自粛しました。
それはそうと、藍色さん参加したら盛り上がると思いますよ。
AKOさんやツバサさん、neoraydhiaさんは製作中なのかなあ。
開催してから締め切りまではある程度時間を取るんでしょうけど、まず参加者が集まらないと話が進まないですよね。自分も何とか構想を練って参加してみようかな、と思い出しました。
456 :Ako:2010/08/15(日) 08:52:50 ID:X.Av9vec
自分はのんびり製作中です。
問題が無ければ今月中には完成するペースだとは思っているのですが・・・
サイト拝見させていただいたのですが、英語とかまったくわからないので参加できそうにないです。


457 :藍色:2010/08/15(日) 22:10:51 ID:aV/dabIU
スレッド中でエントリーするって言ってる人は少ないみたいです。
V1氏やSchmilk氏らはジャッジっぽいですね。
私は今月中にある程度形にできなかったらちょっと厳しいと思います。

そう言えばZiNgA BuRgA氏いつの間にか名前変わってますね。今見てて気付きましたよ。
458 :ツェネダ:2010/08/15(日) 23:08:38 ID:JBFGtPPo
すいません。なんか勝手に盛り上がってしまいました。
都合が合えばどうでしょうか、って程度の話です。
開催されるかもまだわからない感じですしね。

ZiNgA BuRgA氏はときどきネタ?で改名してるみたいです。
しばらくしたら祓われて戻るんじゃないかとw
459 :藍色:2010/08/15(日) 23:55:20 ID:aV/dabIU
いえいえ、個人的にはいつまでもズルズル引っ張ってしまってるので、
コンテスト開催 = 強制終了としたい気持ちではありますけどね。
アニメーションはもういいとして後はアイコン関連が中途半端なのを何とかしないと。

ZiNgA氏のあれはそういうことでしたか。ある意味私のkarasuと似たようなもんですね。
クレジットの名称はそのままでよさそうかな。
608 :Silentmajority(774):2011/03/09(水) 12:41:24 ID:JalddpaA
通りがかりですけど、一閲覧者の立場からすると外部リンクは別窓にしてほしいですね。
自分には外部リンクを同窓設定していると不親切なところだなと感じます。